スカート用おすすめハンガー6選!吊るしてシワなく収納する方法・たたみ方

すっきり収納!スカートにおすすめハンガー6選と収納方法

明日可

ビジネスでもプライベートでも、ファッションに欠かすことのできないスカートですが、収納の際にシワができたり、型崩れしたりしませんか?スカートは「吊るす」収納にするだけで、シワを防ぐことができます。今回はスカートの収納方法、そしてスカート用のおすすめハンガー6選もあわせてご紹介します。

スカートの収納方法は「吊るす」

View this post on Instagram

@myself_703がシェアした投稿

おしゃれを楽しむために欠かせないスカートですが、その収納方法はどうしていますか?タンスに畳んで収納したり、クローゼットに掛けたり…そんなスカートの収納の基本は「吊るす」ということです。

吊るして収納する

スカートはシワができやすい素材のため、基本的にはハンガーに吊るして収納します。ハンガーに吊るすことで、生地が伸び、細かなシワもなくなるので、綺麗な状態を保つことができます。最近では、スカート専用のハンガーも多く販売されているので、後ほどご紹介します。

色別、丈別でそろえる

スカートを吊るして収納する際には、色別、丈の長さの順で並べることで、履きたいスカートが見つけやすく、見た目にも綺麗になります。自分が今持っているスカートも把握しやすくなり、他の服とのコーディネートもイメージしやすくなります。スカートを収納する際には、色別と丈の長さを意識しながらハンガーラックに並べてみてください。

吊るして収納する際の注意点

詰め込み過ぎない

クローゼットなどに収納する際、スペースが狭く詰め込み過ぎてしまうことがあるかもしれません。スカートや衣類を収納する際は、ある程度余裕をもって収納することが大切です。詰め込み過ぎてしまうと、クローゼットの中で空気が悪くなり、余計なシワを作ったり、カビ臭くなったりする原因となってしまいます。

スカートを収納する際には、余裕があるスペースに収納するようにしてください。

スカートを収納できるおすすめハンガー6選

【MAWA】マワハンガー スカート用 Mサイズ

ドイツ生まれのMAWAハンガーは、シンプルなデザインと品質の高さで世界中で愛されているハンガーです。すべらない加工がされているので、型崩れから衣類を守り、抜群の収納力があります。

スカート用のハンガーでピンチタイプのものではなく、スカートの内側からバネで吊るすタイプなので、スカートの生地も傷めることなく収納することができます。しかし、ウエストがゴムのスカートには不向きです。

とても薄く、たくさん吊るしても場所を取ることがないので、とても便利です。

公式サイトはコチラ

【MAWA】 マワハンガー クリップ付き

クリップ付きのMAWAハンガーです。スカートだけでなく、ズボンやマフラーなど様々な用途で使用することができます。両端にあるクリップは左右に動くので、収納するものに合わせた間隔でセットすることができます。

クリップの先端には、MAWAの特殊なコーティングがされているため、滑りおちる心配もないですし、生地に挟みしわがつくこともありません。ウエストがゴムのもので、スカート用のマワハンガーを使用できない場合にはこちらもおすすめです。かさばらず、すっきり収納することができます。

公式サイトはコチラ

【NK Products】スカートハンガー 日本製 4段 ブラック

スカートやパンツなど、まとめて4枚をコンパクトに収納できるハンガーです。クリップは、しっかりと挟むことができるロングクリップで滑り止めもついており、衣類も滑り落ちる心配がありません。

クリップはスチールバネを採用しており、非常に丈夫です。また、中の2本のバーは取り外し可能なため、衣類によって使い分けすることができます。上部のスリット部分には、ネクタイやベルトをかけることもできます。

公式サイトはコチラ

【ID MAX】つながるスカートハンガー

クローゼットやハンガーラックに等間隔で収納することができる「つながるスカートハンガー」です。耐久性に優れており、高級感溢れるスチールハンガーで、ショップのような統一感がでてすっきりとしたイメージになります。クリップの内側はゴムとなっており、衣類を傷つけることなくキャッチします。フックは360度回転するので、使いやすさも抜群です。

【無印良品】アルミハンガー・パンツ/スカート用

無印良品のアルミハンガーです。アルミの線材を着色せず、アルマイト加工で仕上げています。とてもシンプルなデザインで、クリップの部分も生地を傷つけないようになっているので、すっきり収納することができます。

公式サイトはコチラ

【無印良品】アルミハンガー・パンツ/スカート用3段

先ほどご紹介したアルミハンガーの3段のものです。軽いわりに作りはしっかりしているため、とても扱いやすいです。耐久性もあるので重い服でもしっかり止まり、滑り落ちる心配もありません。

公式サイトはコチラ

家事を便利に!スカートハンガーで洗濯物を干そう

スカートを収納する時に使用するハンガーで、洗濯物を干すようにしましょう。そうすることで、洗濯してハンガーにかけて干して、乾いたらクローゼット用のハンガーに掛け直すという手間を省くことができます。

クローゼット用のハンガーにかけて乾いたら、そのままクローゼットに収納するだけなので、家事がラクになりますよね。干す用のハンガーと収納用のハンガーを兼用して、家事を便利にすることができますよ。

スカートを引き出し収納する場合のたたみ方

すっきり収納!スカートにおすすめハンガー6選と収納方法

十分に収納スペースがない家庭だと、クローゼットはアウターやシャツでいっぱいで吊るす場所がないということもありますよね。その際には引き出し収納にしましょう。気になるスカートのシワも、畳み方次第で綺麗な状態で保管することができます。

スカートは長方形に畳もう

スカートを引き出しに収納する際には、長方形に畳むようにしましょう。

スカートの畳み方

  • STEP.1
    スカートを広げ、伸ばした後に真ん中から縦半分に折る
  • STEP.2
    裾の広がった部分を内側に折り、縦長の長方形にする
  • STEP.3
    長方形を横に、何度か折ってコンパクトにする

くるくる丸める方法

プリーツスカートなどシワがつきやすく型崩れしやすいスカートの場合には、クルクルと丸めて収納することも可能です。スカートの素材や性質を見ながら、シワにならないような収納方法をしてください。

  • STEP.1
    スカートを広げて、縦半分に折る
  • STEP.2
    タオルを敷き、その上に縦半分に折ったスカートをのせる
  • STEP.3
    形を整える
  • STEP.4
    タオルと一緒にスカートをまく

素材別で選ぶ!スカートの収納方法

シフォンスカート

ふんわりしたシフォンスカートは、シワになりやすいので折りたたんで収納するよりも、吊るして収納するようにしましょう。また、プリーツ加工されているものは、型崩れの危険もあるため、なるべくハンガーにかけるようにしてください。

綿のスカート

綿のスカートは薄手なので、春夏と使いやすいものですが、シワになりやすいという特徴があります。洗濯した後は形を整えて、ハンガーに吊るして収納すると良いでしょう。

デニムスカート

デニム生地のスカートは、シワになりにくいのでたたんで収納しても問題ありません。しかし、かさばってしまうのでスペースに余裕があれば、ハンガーにかけて収納しましょう。

スカートもおしゃれに収納しよう

シワがつきやすいスカートも、収納を工夫するだけで見た目もすっきりで、綺麗な状態で履くことができます。スカート用のハンガーも、多くのメーカーから販売されていますが、1つの種類で統一すると、ショップのディスプレイのようにオシャレで統一感も出るので、毎日の洋服選びが楽しくなりますよね。自宅にぴったりのハンガーをぜひ探してみてください!