ゴアテックスは自宅で洗濯できる!気になる洗濯方法や使用する洗剤は?

アウターとして有名な「ゴアテックス」。撥水性が高く、雨の日の普段使いでも重宝しますよね。今回は、ゴアテックスの洗濯方法について説明します。洗濯方法や使用する洗剤、乾燥の仕方、またクリーニングに出す際の注意点も合わせてご紹介します。

ゴアテックスについて

ゴアテックスとは

ゴアテックス(GORE-TEX)とは、WLゴア&アソシエイツ社で作られている防水透湿性素材の名称のことです。ゴアテックスはとても有名なものであることから、一つのブランドと思いがちですが、実は衣類の素材の名前なのです。

ゴアテックスはアウトドアで重宝することはもちろんのこと、普段使いでも便利です。また長持ちしますし、10年使っても問題なく着ることができるほどです。

公式サイトはコチラ

ゴアテックスの特徴

ゴアテックスは特徴は主に3つあり、「雨を通さない」「水蒸気(汗)は外に出る」「蒸れない」というものです。要するに「水は通さないが通気性がある」ということです。

雨を通さないものに、レインコート(カッパ)がありますが、実際にレインコートを着用したら分かるように、確かに塗れることはありませんがレインコートの中が蒸れてしまって汗をかいたように湿っているということがありますよね。ゴアテックスは、そのような状況になりません。雨を通さず、内部もさわやかな状態に保つことができるものなのです。

ゴアテックスの洗濯の頻度

ゴアテックスは、汚れたらその都度洗うようにしましょう。汚れが目立たない状態だとしても、定期的に洗うことが大切です。「洗濯すると撥水効果が落ちるのでは」と心配するかもしれませんが、実は洗濯することは、撥水性の維持、回復に役立つのです。

ただし、使うたびに洗っていいものではありません。ゴアテックスに施されている撥水加工は、摩擦のたびに剥がれてしまいます。使用するたびに洗っていると、撥水加工が剥がれやすくなってしまうこともあるので、汚れたら洗うようにするぐらいでいいでしょう。

ゴアテックスの洗濯方法

洗濯する前の注意点

  • 洗濯機で洗うことができるか確認する
  • まずは、手持ちのゴアックスは洗濯機で洗えるかどうか、手洗いのみなのか、洗濯絵表示のタグを確認してください。乾燥機が使用できるものであれば、使用をおすすめします。

  • 専用の洗剤を用意する
  • ゴアテックスを洗うためには、液体の洗剤を用意しましょう。使用する洗剤は、できるだけ混ざりものがないものを選ぶようにします。私たちが普段使用している洗剤は、少量の柔軟剤や芳香剤、漂白剤が含まれている合成洗剤がほとんどです。

    それらはウェアに残ることで効果を発揮するため、ゴアテックスには不向きです。ゴアテックスのウェアを洗濯する場合には、ゴアテックス専用洗剤、無添加洗剤、合成洗剤(柔軟剤、漂白剤、蛍光剤が含まれていないもの)を使用します。

    また、石鹸は化学反応を起こし新たな汚れを形成する可能性があるため、使用を止めましょう。

使用してはいけない洗剤類
粉末洗剤、柔軟剤、漂白剤、塩素系漂白剤、染み抜き剤の使用は禁止です。

ゴアテックス専用洗剤おすすめ3選

【ファイントラック】オールウォッシュ

「撥水」「吸汗」といった機能を損なうことなく、汚れを落とすことだけに特化した洗濯洗剤です。柔軟剤、漂白剤、香料といった余分な成分を一切含んでいないので、ゴアテックスにも最適です。長く期続けたい高機能なアウトドアウェアにこそ、おすすめのオールウィッシュです。ただし、ダウン製品には使用できません。

公式サイトはコチラ

 
【キャラバン】パフォーマンスウォッシュ

Natsumiさん(@miu.natsumi)がシェアした投稿

洗濯機に直接入れるタイプの水性クリーナーで、防水透湿素材も問題なく洗濯することができます。香料などの余分な成分を一切含んでいないので、環境にも優しい洗剤です。ゴアテックスだけでなく、洗濯可能な衣類には全て使用することができます。

公式サイトはコチラ

 
【モンベル】O.D.メンテナンス ベースクリーナー

@11_nina_27がシェアした投稿

ゴアテックスやドライテックといった防水透湿性のウェアやギアにも最適な洗剤です。本来の性能を損なうことなく、汗や皮脂といった汚れをしっかりと落とすことができます。

公式サイトはコチラ

 
  • ファスナーを全て閉じる
  • ファスナーやベルクロといったものは洗濯前に全て閉じるようにしてください。開けていることで衣類に余計な負荷をかけることとなり、破損したり、生地を傷つける恐れがあります。また、コードも全て緩めておきましょう。汚れ落ちのムラ、洗濯汚れの残留を防ぐためです。

  • ひどい汚れはあらかじめ落とす
  • ウェアにひどい汚れ、がんこな汚れがついている場合には、洗濯する前にあらかじめぬるま湯で洗い流しておきましょう。洗剤は液体洗剤を使用し、集中的に落とします。染みがついているからといっても、染みぬき剤の使用はできませんので注意してください。

洗濯機で洗濯する

  • STEP.1
    洗濯ネットを使用する
    洗濯する際には、ウェアが絡むことがないように洗濯ネットに入れてから、洗うようにしてください。この時、洗濯ネットはウェアを畳んだ状態でピッタリ収まるサイズにしましょう。小さすぎるものだと、汚れが十分に洗うことができなかったり、洗剤がウェアにたまった状態になりやすくなります。
  • STEP.2
    お湯で洗う
    洗濯する際は、40度以下のぬるま湯に設定しましょう。ぬるま湯で洗うことにより、ウェアについた汚れが落ちやすくなります。
  • STEP.3
    洗剤の量に注意する
    準備した洗剤を洗濯機に入れる際、規定通りの量を入れてはいけません。ゴアテックスのメンテナンスブックにも記載されていますが、洗剤の量は通常よりも少量にします。目安は、通常の洗剤の量の半分です。ただし、汚れがひどい場合には、汚れている個所にのみ洗剤をつけて、その後洗濯機で洗うようにしてください。
  • STEP.4
    手洗いコースで洗う
    洗濯する際のコースは、「手洗いコース」「ソフトコース」といった通常のコースではなく、優しく洗えるコースを選択します。
  • STEP.5
    すすぎはしっかり行う
    すすぎは、いつもの2倍の設定で行いましょう。すすぎは、ウェアについた洗剤や汚れの残りを防ぐためのものなので、念入りに行います。ゴアテックスにとって、洗剤や汚れが残っている状態はパフォーマンスを下げるものであり、撥水性の低下にもつながります。ゴアテックスのメンテナンスブックには、「すすぎは通常の2倍」と記載されています。すすぎ回数を3回にしておくと、しっかり洗い流してくれるので問題ないでしょう。

手洗いで洗濯する

  • STEP.1
    大きな桶を用意する
    手洗いで洗濯する場合には、まずウェアが入る大きめの桶を用意します。その中に、40度以下のぬるま湯と中性洗剤を入れます。
  • STEP.2
    浸け置きする
    洗剤とぬるま湯を入れた桶の中にウェアを入れ、泡立てながら全体をよく洗ってください。じゃぶじゃぶ洗うようにし、洗い終わったら汚れを落とすため15分ほど漬け置きしておきます。洗う時ですが、揉み洗いはしてはいけません。
  • STEP.3
    しっかりすすぐ
    15分浸けた後は、しっかりすすぎます。通常の洗濯物よりもしっかりすすいで、洗剤と汚れを落とすようにしましょう。目安は、ぬるま湯が泡立たなくなるまでです。ウェアの細部までしっかり洗い流すようにしてください。

洗濯後の乾燥


「すすいだ後の脱水は?」と思われるかもしれませんが、ゴアックスは水を通さないため脱水は省いても問題ありません。では、干し方やアイロン方法をみていきましょう。

干し方

よくすすいだウェアの水を軽く切り、風通しのよい日陰で干し、しっかり乾かしましょう。ゴアテックスはすぐに乾くものではないので、時間をかけて細部までしっかり乾かすようにしてください。また、直射日光に当たる場所で干すと紫外線のダメージが残ってしまうので、必ず陰干しするようにしましょう。

乾燥機を使用する

衣類を乾燥させるために、乾燥機を使用することが多いと思いますが、ゴアテックスの場合には陰干しでしっかり乾いた状態で乾燥機を使用します。

これは乾燥させるためではなく、ゴアテックスに熱処理を施すためです。熱処理はゴアテックスの撥水効果を保つために行うものであり、乾いたウェアを20分ほど乾燥機に入れて熱処理を行うようにしましょう。

アイロンの仕方

乾燥機での熱処理ができない場合には、乾燥したウェアに当て布をしてゴアックスにアイロンをかけます。アイロンの温度は低温に設定します。乾いた後に温めることによって、生地の撥水性が回復します。

撥水加工する

アイロンをかけた後でも撥水性が低くなってきた、と感じた場合には撥水スプレーを使用します。撥水加工は摩擦によって剥がれてしまうため、何度も洗濯をすると自然と剥がれてしまうのです。

撥水加工をするためには、撥水スプレーをウェア全体に薄く吹きかけましょう。スプレーした後乾燥させるということを4~5回繰り返しましょう。

おすすめの撥水スプレー

【モンベル】S.R.スプレー330mL

Johnny Shimoさん(@simo_johnny)がシェアした投稿

防汚性に優れた撥水スプレーです。ゴアテックスなどの防水透湿性素材にも使用することができ、洗濯した後にスプレーするだけで撥水加工することができます。ちなみに、塗布量の見安はウェア上下セットに対して約1本(330ml缶)です。

公式サイトはコチラ

クリーニング店に出すことは可能?

ゴアテックスのウェアは、家庭で洗濯することを基本としています。クリーニング店を利用することもできますが、その際には「すすぎにきれいな溶剤を使用してほしい」ということを伝えておきましょう。

また、クリーニング店では撥水加工まで行ってくれませんので、ウェアが帰ってきた後は撥水加工を行うようにしてください。

しっかり汚れを落として清潔なゴアテックスを着よう

他の衣類に比べると高価ではありますが、長く使用できるゴアテックスは重宝しますよね。雨の日にもとても便利です。しかし、長く使うほどウェアに汚れが溜まりますし、洗濯が必要となってきます。

ゴアテックスは洗濯しても、一度や二度では撥水効果が弱まりません。何度も洗濯をしたり、3年~5年と長く着ると少しずつ撥水効果も弱まってきますので、洗濯した後にアイロンを当てる、撥水スプレーをするといったお手入れも忘れずに行ってくださいね。