衣装ケースおすすめ12選!押入れやクローゼット収納に役立つ選び方4つのポイントも

チェスト

明日可

大量に衣類を保管しておくのに、とても便利なのが「衣装ケース」です。最近では、さまざまな種類のものが販売されているので、実際どれがいいのか迷ってしまいますよね。衣装ケースは部屋におくだけでもとてもおしゃれなインテリアに早変わりします。ここでは、おすすめの衣装ケース12選と衣装ケースの選び方をご紹介します。

衣装ケースはとても便利なもの

衣装ケースは、タンスやクローゼットに収まりきらない洋服を収納するにはとても便利なものです。衣装ケースのデザインや形、大きさ、タイプなどさまざまな種類が多く販売されているので、自宅のスペースにぴったり合うものを購入することができます。

衣装ケースの選び方

タンス

タイプ別で選ぼう

衣装ケースは、大きく分けてボックス型とチェスト型の2タイプあります。ボックス型の衣装ケースは、ひとつひとつが独立したものになっており、チェスト型は箱が全て繋がっていて引き出しのようになっています。では、それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

衣装ケースのタイプ別のメリット・デメリット

ボックス型

  • メリット
  • ボックス型のメリットは、サイズ展開が豊富ということです。様々なサイズのものがあるので、自宅のスペースにぴったり合うものを見つけることができますし、ひとつひとつが独立したものになっているので、レイアウトもインテリアに合わせて変更することもできます。

  • デメリット
  • ボックス型は1個単位でのバラ売りになるので、数をそろえようとするとどうしても費用がかかってきます。また、そこまで頑丈な作りにはなっていないため、ボックスの衣装ケースの上に重いものをのせると、上板がたわんでしまうことも考えられます。しかも、積み重ねには同じメーカーのものが必須となるため、買い足ししずらいというデメリットもあります。

チェスト型

  • メリット
  • チェスト型の衣装ケースのメリットは、丈夫であるということです。多くの場合は、天板に木材など丈夫なものを使用しているので、上に重たいインテリアを飾ったとして問題ありません。また、衣装ケースとして単体ではなくひとつにまとめっているため、費用も安くすみます。

  • デメリット
  • 大きいものになると、部屋の模様替えや引っ越しをするときに動かしにくい、大きくて邪魔になってしまうということがあります。また、ボックス型に比べて処分するのも大変です。スペースに合わせて自分で組み立てることもできません。

サイズ(奥行き・深さ)を確認しよう

どのスペースに置くものなのか、何を収納するのかなど収納にあったサイズを確認しておきましょう。「衣装ケースは深いほうがたくさん入って便利!」という考えもあるかもしれませんが、片付けが苦手な人だと、全てその衣装ケースに入れてしまうなんてこともあるかもしれません。

逆に、下着類などは深い衣装ケースは不向きです。衣装ケースを購入する際には、置くスペースの大きさと収納するものを考えて、適したサイズのものを選ぶようにしましょう。

材質をチェックしよう

衣装ケースの材質も強度を考えてチェックしておきましょう。一般的にはプラスチック製のものは多くありますが、なかには天然木を使用した桐の衣装ケースもあります。チェストの多くは、天板に木材を使用しており、上に物を置いても丈夫です。中には薄い材質のものもあり、劣化が早いこともあります。長く使用するなら、材質にも注目してみてください。

おすすめの衣装ケース12選

【アイリスオーヤマ】チェスト 4段 HG-554

リビングの収納にぴったり!シンプルなデザインで木天板付きのチェストです。木天板は汚れに強いですし、前板の部分はまるで塗装家具のような質感でとてもおしゃれです。引き出しの開閉には、金属のスライドレールを採用しているので、指一本でも静かにスムーズにできるためストレスもありません。

引き出しの深さは14.5cmとたっぷりと収納することができ、1段あたりTシャツなら18枚も収納することができます。また、完成品のまま届くので、面倒な組み立ての必要もありません。

  • サイズ:幅約56cm×奥行約41.5cm×高さ
  • 価格:8,980円(税抜)

公式サイトはコチラ

【アイリスオーヤマ】チェスト ワイド 3段 AJ-533

クローゼットや押し入れの下段におすすめのチェストです。衣装の整理はもちろんのこと、室内の整理整頓といった多目的にも活用することができます。引き出しとフレームの間にはコロがついているため、収納の重量が増えたとしてもスムーズに開閉することができます。

また、本体の底面にもローラーがついているため、移動も楽に行うことができます。クリアタイプの引き出しなので、中身の確認もしやすいのも特徴です。

  • サイズ:幅約53.2cm×奥行約38cm×高さ約59.7cm
  • 価格:2,900円(税抜)

公式サイトはコチラ

【アイリスオーヤマ】収納ボックス

押し入れにもぴったり収まるサイズの収納ボックスです。ケースの下のくぼみと上の出っ張りが引っ掛かって、重ねやすい構造になっているため、単体で使うこともでいれば1段ずつ重ねて使用することもできます。収納するものや、収納スペースに合わせて購入してみてください。収納目安は、ボックス1個に付きYシャツが8枚、セーター3枚、バスタオル5枚となっています。

  • サイズ:幅約37.6cm×奥行約66cm×高さ約21.5cm
  • 価格:1,780円(税抜)

公式サイトはコチラ

【無印良品】PP収納ケース横ワイド大引出式 2個組

素材の色をそのまま生かした半透明のボックスです。半透明で、中に収納しているものをぼんやりと隠してくれるため、「中身も確認したいけど生活感を出したくない!」という方にぴったりです。無印良品の「衣装ケース」「クローゼットケース」「収納ケース・横ワイド」「収納ケース」の4シリーズは、スペースに合わせて自由に組み合わせることができるので、とても便利です。

  • サイズ:約幅55cm×奥行44.5cm×高さ24cm
  • 価格:3,401円(税込)

公式サイトはコチラ

【天馬】Fits フィッツプラス F7503 3段

クローゼットの中はもちろんのこと、リビングにもおすすめのチェストです。インテリア性のあるデザインで、使いやすさと安心感を追求したものです。引き出しには安全ロックを採用するなど、機能面も充実しています。チェストを置いた時に気になる引き出しの中のホコリも、フィッツプラスなら後ろが壁になっているため、ホコリが侵入しにくくなっています。

  • サイズ:幅75cm×奥行41cm×高さ66cm
  • 価格:14,300円(税込)

公式サイトはコチラ

【天馬】Fits フィッツケース

衣装ケースと言えば、「フィッツケース」というほど、豊富なラインナップで多くの収納場所にフィットする人気シリーズです。ラインナップは全27アイテムあり、押し入れ収納用、クローゼット収納用、リビング収納用、すき間収納用と用途に合わせて自由に選ぶことができます。前枠はたわみにくく頑丈となっているため、ケースを積み重ねても安心して使用することができます。

公式サイトはコチラ

【天馬】プロフィックス スタイルケース

落ち着いた色合いと洗練されたデザインで、部屋にも馴染みやすい衣装ケースです。幅が65cmあるので、セーターなどの衣類も2列に並べて収納することが可能です。天板部分には、アルミ製の補強板が2枚内蔵されているため、たわみにくく丈夫です。また、引き出しの開閉もスムーズで、約2cm手前で自動で閉まるセルフクローズ機能もついています。

  • 幅65cm×奥行45cm×高さ80~112cm

公式サイトはコチラ

【ニトリ】押入れ収納ケース 引出し3段

使いやすい3段タイプの押し入れ収納ケースです。底面にはキャスターがついているため、出し入れも簡単にすることができます。また、引き出しには抜け落ちを防ぐためのストッパーが付いているので、お子様でも安心して使用することができます。

収納の目安は引き出し1個につき、セーターなら6枚、Tシャツなら22枚収納することができます。ただし、この商品は到着後に組み立てが必要なため、ニッパーを用意しておくようにしましょう。

  • サイズ:幅37cm×奥行70cm×高さ62.5cm
  • 価格:2,990円(税込)

公式サイトはコチラ

【ニトリ】ベッド下収納ケース

ベッド下のすき間も収納スペースとして活用するための、収納ケースです。取りだしやすい、両開きのフタとなっているので、とても使い勝手がよいものです。また底面のキャスターは取りつけ方向を変えると、タテヨコどちらでも置くことができます。これまで無駄にしていた空きスペースも、すっぽり入る収納ケースで効率よく収納することが可能です。

  • サイズ:幅80cm×奥行40cm×高さ16cm
  • 価格:1,018円(税込)

公式サイトはコチラ

【IKEA】オープン収納・ボックス ALGOT アルゴート

IKEA ALGOT
画像引用:IKEA

パーツを自由に組み合わせるだけで、設置スペースやニーズに合わせてオシャレに収納することができる商品です。メッシュバスケットまたはワイヤーバスケットと組み合わせることで、好きな場所で使用することができ、洗面所などの湿気が多い場所でも問題なく使用することができます。

  • サイズ:幅41cm×奥行60cm×高さ105cm
  • 価格:5,399円(税込)

公式サイトはコチラ

【市やま家具】桐衣装ケース

これまでご紹介してきた衣装ケースとは少し違う、天然の桐を使用した桐の衣装ケースです。大切な衣類を害虫や湿気、カビから保護してくれます。着物はもちろんのこと、来シーズンまで保管しておきたい衣類を収納するのにぴったりです。1段ケースのものなので、押し入れやクローゼットのすき間スペースにおすすめです。

  • サイズ:幅91cm×奥行41.5cm×高さ15.5cm

公式サイトはコチラ

【Aimedeia】炭入り消臭着物一式収納ケース

着物や浴衣など、桐ダンスを用意するほどではないけど、1枚~2枚をきちんと収納したい人におすすめの着物収納ケースです。着物や長襦袢、帯など小物類も含めて一式まとめて収納することができるので、とても便利ですよね。汚れやホコリから着物を守ってくれ、嫌な臭いも消臭してくれます。

  • サイズ:幅92cm×奥行42cm×高さ18cm

公式サイトはコチラ

衣装ケースでクローゼットの中をすっきり収納しよう

さまざまなタイプの衣装ケースをご紹介しましたが、ご自宅に合う衣装ケースはありましたか?家庭の事情や仕事の都合で引っ越しが多い方なら、収納ボックスがおすすめですし、シンプルなデザインにこだわりたい場合には、チェストに惹かれるかもしれません。

どちらにせよ、購入する際には、収納する場所のサイズを測り、ぴったり合うものを選ぶようにしてください。衣装ケースは、入りきらない衣類やタオル類だけでなく、小物類の収納にもおすすめです。半透明なものだと中を確認できるのでとても便利です。どの衣装ケースにしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

衣替えを楽しくするポイント!簡単な衣替え方法とトラブル防止法衣替えの簡単なやり方とトラブル防止法!楽しくするポイントやコツも