衣替え時にクリーニングが必要な理由は?出す前・出した後にすべきこともチェック!

Hiroko

衣替えの時期が近くと衣類の整理を行いますが、衣替えに合わせてクリーニングに出す必要性が高い衣類があることをご存知でしょうか?今回の記事では、衣替えのときにクリーニングが必要な衣類とその理由についてを詳しく解説していきます。

衣替えとは?

洗濯物を持つ人

そもそもクリーニングって必要なの?

衣替えをするとき、それまでの季節に着ていたものを自宅で洗濯する方が多いでしょう。
衣替えが終わり、衣類を洗濯して引き出しにしまっていたにも関わらず、次のシーズンに着ようとしたら衣類が黄ばんでいた経験がある方もいるのではないでしょうか?

実は汚れのなかには洗濯機では十分に落とすことができないものがあります。家庭で落としきれなかった汚れは、しまっているうちに生地に浸透してしまい、それが時間をかけて黄ばみとなってしまうのです。

また、かいた汗を落としきれていない状態でしまっておくと、その落としきれなかった汚れからカビが生えてしまうことがあります。衣類につく虫はカビや汚れを餌にして繁殖するため、そのままにしておくと虫が増える原因となる恐れがあるのです。

衣類についた黄ばみやしみは、放置時間が長ければ長いほど落ちにくくなってしまいます。次のシーズンに着ようとしたのに、汚れが落とせなくなってしまったら悲しいですよね。

クリーニング店では、汚れや素材によって洗い方を変えます。例えば、汗じみは水洗いでしっかり汚れを落とし、汚れによってはドライクリーニングとウェットクリーニングを併用した洗い方をするなど、最も適した洗い方をしてくれるのです。

自宅では落としきれない見えない汚れを落とし、次のシーズンにもきれいな状態で着ることができるため、衣替えをしたときの衣類はクリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニングはシーズンを終えたものを出す

衣替えをするとき、今までのシーズンに着ていた服をクリーニングに出すのか、それともこれからの季節のものをクリーニングに出すのか迷われる方がいたら、今まで着ていた服を出すことをおすすめします。

なぜなら、前述したように衣類についた汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなるからです。汗や食べこぼしなどの汚れを落とさずしまってしまうと、カビや虫食いの原因になる恐れがあるとともに、黄ばみや黒ずみの原因になってしまうこともあるのです。

このことから、今まで着ていた衣類の汚れをしっかり落としてからしまうことが重要だとお分かりいただけるでしょう。次のシーズンに気持ちよく服を着るためにも、クリーニングに出すことは重要なことです。

【2019年最新】宅配クリーニング人気3社厳選辛口比較!主婦200人が選ぶサービス満足度ランキング

衣替えのときにクリーニングに出したほうが良いものは?

衣類

ダウンジャケットやニットなど家庭で洗うのが難しいもの

衣替えのとき、どのようなものをクリーニングに出したらいいのかというと、着ていた服はできればすべてクリーニングに出したほうがいいということになります。

なぜなら汚れのなかには目に見えないものがあり、家庭では完全に落としきれないしみなどがあるからです。

しかし、そのなかでも特にクリーニングに出したほうがいいものは、家庭で洗うことが難しいものです。洗濯マークを確認すると家庭では洗えないものがあるのが分かります。

家庭で洗えないものは、洗濯桶にバツがついているマークです。このマークがついているものは、家庭で洗わずにクリーニングに出しましょう。

また、繊細な素材のものや細かいレースやビーズなどがついている衣類も、クリーニングに出すことをおすすめします。

ニットやスーツなども家庭で洗うのが難しい衣類です。最近は、家庭で洗えるとされているものもありますが、丁寧に洗っても型崩れしてしまったり、失敗して縮ませてしまう恐れがあります。

その点、クリーニング店なら衣類の汚れや素材などによって最適な方法で洗ってくれるため、安心して任せることができるのです。

I_03ダウンジャケットを家庭で洗濯してクリーニング代を節約!正しい洗い方と注意点をチェック

大切に長く着たいもの

家庭で洗えないことはないけれど、大切に長く着たいからクリーニングに出すという方もいますよね。

扱いに注意すれば長く着ることができるのに、自分で洗ったため縮んでしまったり生地を傷めてしまっては悲しいです。

大切なものだからこそ、安心できるクリーニング店で丁寧に洗ってもらうことが大切です。

クリーニングなら、気づかなかった汚れをしっかり落としてくれるため、次のシーズンもきれいな状態で着ることができるでしょう。

衣替えのときにクリーニングに出すときの注意点

ワイシャツの袖を持つ人

ポケットの中身を確認する

クリーニングに出す前に注意しなければならないことのひとつめは、ポケットの中のチェックです。

あわてて衣類を袋に詰めてそのままクリーニング店に持って行ったら、ポケットの中からティッシュやレシート、ガムを噛んで紙に包んだものなどが出てきた経験がある方もいるのではないでしょうか。

お店の方も洗う前に確認するはずですが、万が一ポケットの中に何か入っている状態で洗ってしまったらトラブルの原因になってしまう恐れがあります。

トラブルを避けるためにも、お札や大事なメモや名刺など、大事なものが入っていないか必ず確認してからクリーニングに出しましょう。

ほつれややぶれはないか確認する

衣類についているボタンやスパンコールなど、取れかかっているものはないかチェックしましょう。もしも取れかかっているものがあったら、クリーニングしている間に取れてしまうことがあります。

ボタンなどが取れかかっていたら、前もって自分で取ってしまうかつけ直しておくようにしましょう。

また、ほつれているところがあったら、洗っているうちにほつれが広がってしまう恐れがあります。見つけたらかがっておくか、自分でできない場合はお店にお直しのサービスがあるか相談してみましょう。

しみ・汚れがある場合は事前に伝える

クリーニングに出すものにしみや汚れがついている場合、無理に落とそうとせずお店に相談しましょう。自分で落とそうとすると、かえってしみが広がってしまったり生地を傷めてしまう場合があります。

クリーニング店ではしみ抜きサービスを提供しているところがあり、なかにはしみ抜きの専門家がいるお店もあります。

しみ抜きには専門の知識が必要で、しみの種類によって薬剤を変えて落とさなければなりません。汚れがあった場合はクリーニングに出すときに、しみがどんなときについたものか伝えることでより的確に落としてもらえるでしょう。

クリーニング後にすること

クリーニング ワイシャツ

ビニールから衣類を出す

衣類がクリーニングから戻ってきたら、すぐにビニール袋から出しましょう。そのままにしておくと、中に湿気がこもりカビの原因になります。ホコリよけにカバーを使用したい場合は、通気性の良いものを使いましょう。

また、クローゼットに保管する場合は服と服を密着させないように、少し隙間を開けてしまうと風通しが良いので湿気がこもりません。

シワに注意して保管する

クリーニングが済んだ衣類は、服の種類に合わせて収納します。コートやスーツなど、シワをつけたくない衣類はハンガーにかけてクローゼットに掛けましょう。また、ニットなどはハンガーに掛けると肩の部分が伸びてしまうため、たたんで収納することをおすすめします。

防虫剤を入れて保管する

大切な衣類を虫から守るためには、防虫剤を使用することが重要です。家の中に入ってきた虫が引き出しの中に卵を産み、生まれた幼虫が衣類を食べてしまうと衣類に穴が開いてしまいます。

ウールなどの天然素材でなくても、衣類に汚れがついていると虫の被害にあってしまうため、クリーニングをして汚れを取ってから防虫剤を入れましょう。

衣替えを楽にするには宅配クリーニングがおすすめ

掛け布団

衣替えで大量に出たときに集配に来てくれる

衣替えをするとき、シーズンオフの大量な衣類が出ますよね。その衣類をクリーニング店に持っていくのはかなりの重労働です。

特に冬は厚手のコートやダウンジャケットなど、かさばるものも多いですし、車を運転しない方はそれらを袋に入れて歩いて行くのは大変です。

また、できあがったクリーニングを引き取りに行くときに、天気が悪い日が続いたり、小さな子どもがいる方はとても大変な作業になります。

そんなとき、おすすめなのがクリーニング店の“宅配サービス”です。クリーニング店はお店によって、自宅までクリーニングの集荷に来てくれるサービスを提供しているところがあります。

宅配クリーニング専門店ではなくても、一般的な店舗型のクリーニング店でも集荷・配達サービスを行っているお店もあります。

また、近くに住んでいなくても宅配便でクリーニングを受け付けて、できあがったら自宅まで送り返してくれるサービスを提供しているところもありますよ。

集荷・配達の時間帯や送料、サービスを提供している地域など、お店によって異なるため、お店のホームページなどで調べてみてはいかがでしょうか。

【2019年最新】宅配クリーニング人気3社厳選辛口比較!主婦200人が選ぶサービス満足度ランキング

衣類や布団の保管サービスを使えば部屋が片付く

クリーニング店には保管サービスを提供しているお店があることをご存知でしょうか。お店によって保管の期間は異なりますが、クリーニングしたものをそのまま一定期間、お店や専用の倉庫などで保管してくれるところがあります。

保管する場合は湿度や温度を徹底的に管理し、衣類や布団などを最適な環境で預かってくれるのです。

冬用の布団や重いコートなど、自宅に保管しなくて済むため、家の中がすっきりしますよ。

【宅配クリーニング】自宅から一歩も出ずにクリーニング!?かんたんお得なお洗濯サービス活用術!

宅配クリーニングを使用するときの注意点

自宅まで集荷に来てくれる宅配クリーニングサービスは、お店のスタッフが集荷に来てくれるところと、宅配業者を通じて荷物を預けるところがあります。

例えば、WEBからクリーニングを依頼すると、箱や袋が自宅に届きます。その箱などにクリーニングを依頼する衣類を入れて、箱と一緒に送られてきた書類に必要事項を記載して衣類と共に送ります。

一般の店舗型のお店では、たいていの場合はクリーニングに出した衣類を1点ずつお客様の目の前で確認し、ポケットの中身やボタン、汚れなどをチェックしてくれます。

しかし、宅配便で送る場合は目の前でこのような確認ができません。そのため、トラブルを避けるためにもポケットの中身やほつれなどを箱にしまう前に確認しておくようにしましょう。

また、宅配クリーニングは戻ってきた衣類に保証期間というものが設けられているお店が多く、汚れが落ちきっていない場合に再仕上げを無料で行ってくれるお店もあります。

しかし、戻ってきた衣類を箱にしまったまま置いておき、気づいたときには保証期間が過ぎてしまっていたということがあるため、戻ってきた箱は必ず開けてチェックするようにしましょう。

衣替えのときにクリーニングを活用しよう

クリーニング店員

季節の変わり目に行う衣替えは、これからの季節に着る服を出しやすい場所にしまうという目的があります。しかし、もうひとつの目的は、それまでの季節に着ていた服の汚れをきれいに落として保管するというものなのです。

目に見えない汚れをしっかり落として保管しないと、次のシーズンに黄ばんでしまい着ることができなくなることもあります。

そのため、衣替えの際は次のシーズンにまた着るためにクリーニングに出して汚れを落とすことが大切なのです。

大量の衣類が出たら宅配クリーニングサービスを上手に利用して大切な衣類の汚れをしっかり落としましょう。

様々なクリーニングサービスを使って次のシーズンもお気に入りの服を気持ち良く着ることができるといいですね。

手間のかかるクリーニングは宅配におまかせ!東京のおすすめ宅配クリーニング10選東京のおすすめ宅配クリーニング10選!手間のかかるクリーニングは気軽におまかせ! 気になる宅配エリアは?大阪にあるクリーニング店の宅配サービスおすすめ8選大阪にある人気宅配クリーニング店おすすめ8選!衣類の保管無料などお得なサービスが満載