クリーニング屋さんでもらうハンガーの使い道は?リメイク術と処分方法を解説

気が付くといつの間にか溜まっているクリーニング屋さんのハンガー、みなさんはどうされていますか?大掃除や引っ越しのタイミングで処分する人も多いですよね。最近ではハンガーをおしゃれにリメイクしたものがSNSで投稿されて、人気があるのをご存知でしょうか?今回はクリーニング屋さんのハンガーの使い道やリメイク術、処分方法を解説します。

クリーニング屋さんのハンガーは溜まったらどうする?

考えられる主な方法は4つあり、そのまま利用するパターンと回収してもらうパターンがあります。それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

そのままベランダ用ハンガーとして使う

クリーニング屋さんのハンガーはお店によって材質、形状が異なります。針金のハンガーであれば、洗濯物をベランダに干す時にそのままハンガーとして使えます。外で使っていて、もし汚れてしまったら捨てても大丈夫です。細くてかさばらないので収納スペースにも困りません。

他にもクローゼット内で薄手のTシャツやノースリーブなどを保管する時に使っても良いでしょう。ただし、幅が薄いため、型崩れの心配があるジャケットやコートに使うのは控えてください

クリーニング屋さんに返却する

多くのクリーニング屋さんでは自社のハンガーを回収し、リサイクルしています。もし定期的にクリーニングを利用するのであれば、その出すタイミングで引き取ってもらうと手間がかかりません。返却する時は5本~10本単位といったまとまった本数が必要です。お店のポイントやスタンプ、商品券と交換してくれることもあるので、ぜひ利用しましょう。お近くのクリーニング屋さんのHPを確認するか、電話で問い合わせてみて下さい。

リサイクルショップで回収してもらう

意外と思いつかないのですが、リサイクルショップで回収してくれることもあります。無料回収として引き取ってくれたり、数が大量だと買取してくれる可能性もあります。ただし、必ず回収してくれるとは限らないので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

発展途上国に寄付をする


ハンガーを再利用して発展途上国支援に役立ててもらうこともできます。「国際社会支援推進会ワールドギフト」では古着や食品、おもちゃなどを寄付する活動を行っています。クリーニング屋さんのハンガーも日用品として寄付することができるので、詳しい情報はこちらをご確認ください。

公式サイトはコチラ

クリーニング屋さんのハンガーをリメイクしよう

almirahさん(@almirah_store)がシェアした投稿

ハンガーをおしゃれに変身させる

クリーニング屋さんのハンガーはそのままだとチープ感が出て味気なかったりしますよね。ハンガーを自分好みのハンガーにリメイクすると見栄えがよくなり、愛着が湧いて使うのが楽しくなりますよ。次は自分で手軽にできるリメイク術をご紹介します。

布を巻く

ハンガーに布を巻きつけるリメイク方法です。布は使わなくなった洋服などのハギレで構いません。色を統一して、ハンガーの首元部分にリボンやレースをプラスするとおしゃれな仕上がりになります。一度にたくさん作ってハンガーに統一感を出したい場合は、布団カバーやカーテンの生地を使うと良いでしょう。布を巻くと洋服がずれ落ちてこないというメリットもあります。

  1. ハンガーと布を用意する
  2. 布を細く切る
  3. 布を巻き付ける

布の巻き方についてはこちらの動画で詳しく説明されています。ぜひ参考にして作ってみてください。

大粒のビーズを通す

We've got a tutorial for this on our YouTube channel! 😃

The Craftycornsさん(@thecraftycorns)がシェアした投稿 –

100均に売られている大粒のビーズをハンガーに通すリメイク方法です。クリーニング屋さんのハンガーとは思えない程、存在感があってポップな印象に仕上がります。カラーを複数揃えたり、パールタイプのビーズを使うとより一層、華やかさがアップするのでおすすめです。

  1. 針金ハンガーと大粒ビーズを用意する
  2. ハンガーのフック部分を解く
  3. ビーズを通す

便利グッズとして活用する

クリーニング屋さんのハンガーは、アイディア次第で便利グッズとして再利用することもできます。簡単に作ることができて普段使いができるものをご紹介します。

ブックスタンド

少し手を加えるだけで、キッチンなどのレシピ本を立てかけるのに便利なブックスタンドが完成します。針金部分を折り曲げて簡単に作ることができますよ!

シューズハンガー

針金ハンガーは手で簡単に曲げられるので、様々なワイヤーグッズを作ることができます。手軽に作れて便利なものがシューズハンガーです。狭い場所にハンガーを引っ掛けて使うと、収納スペースを広く使えて便利です。また、靴を乾かす時に掛けて使うと、通気性がよくなるので乾きやすくなります。

1.針金ハンガーの両端を上側に曲げる
2.サンダル、上履きなど軽い靴を掛ける

育児グッズ

TommyFeb.15さん(@oni.ichigo)がシェアした投稿


針金ハンガーは育児グッズとしても活躍します。針金ハンガーの中心部分を曲げると子ども服をかけることができるので、「子ども用のハンガー」として代用できます。服の形に合わせて曲げられるので、Tシャツやタンクトップはもちろん、ジーンズも干せますよ。

もう一つ、育児グッズとして使えるのが「補助便座掛け」です。針金ハンガーをフックの形に曲げると補助便座を引っ掛けることができます。それをパイプなどにぶら下げると省スペースで収納ができます。補助便座の置き場所に悩んでいたら、ぜひ試してみてください。

クリーニング屋さんのハンガーを処分するときは?

最後に、ハンガーの正しい処分方法をご紹介します。材質によって捨て方が異なるので注意しましょう。

ハンガーを材質別で分別

針金ハンガー

針金ハンガーは「不燃ごみ」として処分します。金属製なので袋を突き破ってしまう可能性もあります。注意しましょう。袋の中でばらけないようにゴムでまとめると安全です。

木製ハンガー

木製ハンガーは「可燃ごみ」として処分します。ただし、引っ掛ける部分が金属の場合は分解しなければならないので、そのまま可燃ごみとしては出せません。

プラスチック製ハンガー

「可燃ごみ」または「資源プラスチックごみ」として処分します。注意してほしいのが、プラスチックは地方自治体によって分別方法が異なる点です。少量だと資源プラスチックごみ、量が多いと可燃ごみ、場合によっては不燃ごみになる地域もあるようです。ごみの分別表で確認したり、各市町村のクリーニングセンターや清掃事務所に問い合わせましょう。

異素材ハンガー

全て同じ素材で作られているハンガーだと処分が楽なのですが、引っ掛ける部分だけが金属製で他は木製あるいはプラスチック製、といったハンガーもありますよね?こういった場合は少し大変で、ペンチなどを使って素材ごとに分解する必要があります。分解した後は、上記と同じように素材ごとの処分方法で出します。

クリーニング屋さんでもらうハンガーはアイディア次第で再利用できる

気が付くといつの間にかどんどん溜まってしまうクリーニング屋さんのハンガー。最近ではエコを意識して積極的に回収を促す取り組みも広まっています。アイディア次第で様々な使い方ができるので、ぜひ再利用してみてはいかがでしょうか?

ハンガーのすっきり収納アイデア6選!置き場所にもう悩まないハンガーのすっきり収納アイデア6選!置き場所にもう悩まない