【洗濯ハカセに質問!第2弾】こんな時はどう洗う? 正しい洗剤の使い方で衣類を綺麗にする方法

食べこぼしや泥汚れ、汚れの種類は他にも多々ありますよね。そんなときでも、皆さん同じ方法で洗っていませんか。実はこれ、大きな間違いです。汚れの種類によって洗い方を変える必要があるんです。洗濯ハカセシリーズ第2弾、正しい洗剤の使い方です。

正しい洗剤量を学ぼう

「汚れをしっかり落としたいから、少し多めに洗剤を入れた!」あなたはそんなこと、ありませんか?洗剤にも正しい使い方があるんです。

洗剤

水の量によって洗剤量は決まる

洗剤量は衣類の量ではなく、洗濯機に設定してある水の量によって決まります。ここで大切なのが衣類に対してどれくらいの水量を使っているのか、ということ。使われる水量を確認したら、洗剤容器のうしろ書きで洗剤量の目安を確認して、投入しましょう。この洗剤量は縦型、横型問わず同じ量で構いません。

節水機能による弊害

今や多くの人が使っているであろう、横型ドラム式洗濯機。実はこの形の洗濯機の多くに、節水機能がついています。ということは、衣類の量に対して少なめの水量で洗濯をしているということですよね。

そのため、洗濯機に表示される洗剤の目分量より、少し多めに洗剤を投入した方が汚れは落ちやすくなります。しかし、「汚れているものが多いから洗剤量を増やそう」と考えてはいけません。

洗剤で全ての汚れは落とせない

先ほどから、汚れ具合に対して洗剤量を変えないようにと伝えていますが、これにも理由があります。というのも、今の洗濯機や洗剤の能力で全ての汚れを落とそうということ自体が大きな間違いで、どちらの能力も決して高くはないのです。では、どうすれば汚れはしっかり落ちるのでしょうか。

食器用洗剤を使ってみる

着替える際にファンデーションや口紅がついてしまった。なんてことを経験したことのある女性は多いですよね。しかし、これらを落とすことのできる洗濯洗剤は今のところ存在しません。

そんなときに使えるのが食器用洗剤などの製品です!ファンデーションの場合は食器用洗剤、口紅の場合はクレンジングオイルを汚れた箇所に多めに塗り込んでから、洗濯機にかけてみましょう。スッキリと綺麗に落とせますよ。

他にも食べこぼしなども食器用洗剤で落とせます。ワイシャツについた汗シミなどは、重曹アルカリ剤を塗り込みましょう。

泥汚れのときには

次に泥汚れの場合です。多くの人がそのまま洗濯機に入れているのではないでしょうか。これもひと工夫するだけで、綺麗に落とすことができます。まず、ウタマロ石鹸のような固形石鹸を衣類に塗り込む→次に勢いよくシャワーで石鹸を流す!これでほぼほぼ泥が落ちるので、最後に洗濯機で洗うと、とても綺麗になりますよ。

液体洗剤より粉洗剤を使うべし

横型ドラム式洗濯機が普及したと同時に増えてきた液体洗剤。実はこれ、洗濯機の性質上、洗剤を水に溶けやすくするために液体を推奨しているのです。液体洗剤では汚れは落ちにくく、衣類についた汗の匂いなどはほとんど取ることができません。

もし、しっかり衣類の汚れや匂いを落としたいなら粉洗剤を選びましょう。漂白剤成分が混ざっているので、汚れが落ちやすいです。

各メーカーによる匂いの違い

洗剤で大切なのが、衣類につく匂いです。近くにいる人からほのかにいい香りがすると、とても癒されますよね。実はこの香り、メーカーによって香り方が少しずつ違うんです。

衣替えを楽しくするポイント!簡単な衣替え方法とトラブル防止法

日本の3大メーカー

日本で出回っている洗剤や柔軟剤の多くは、ライオン・花王・P&Gのうちのどれか。この中で一番匂いがつかず、消臭力が高いのがライオンです。程よくいい香りをさせたい場合は花王、しっかりと匂いをつけたい場合はP&Gを使うのがおすすめです!。
ただし、匂いは人によって感じ方が異なるので、実際に試してみるのが一番良いでしょう。

洗濯ハカセは、普段匂いをつけないので部屋干しでも匂わない「トップ」を使用し、少し香りづけしたいときは「フレグランス ニュービーズ」を使っているそうです。

以上が洗剤の正しい使い方です。「汚れの落とし具合によって洗剤量を増やしていた」なんて人は少なくないはず…。正しい洗剤の使い方を実践して、無駄なく汚れを落とすようにしましょう。

神崎健輔

取材協力:神崎健輔

洗濯・シミ抜き職人。実家の老舗クリーニング店「白洋社」部長。株式会社クラスタス CTO。宅配クリーニング「Nexcy(ネクシー)」CTOとして、全国から集配可能なクリーニング店の運営も行う。またそれらの経験をもとに、「洗濯ハカセ」として、家庭でもできる洗濯・シミ抜き術を発信中。

■Nexcy(ネクシー)公式サイト
■ブログはコチラ