真夏の準備はお早めに!エアコン特集

【2022年最新】引っ越し業者おすすめ10選!相場や料金を安くする方法も解説

araou編集部

引っ越しには引っ越し業者を利用することが多いが、業者の数が多過ぎて悩む人も多いのではないでしょうか?この記事では、引っ越し業者おすすめ10選と、料金相場や料金を安くする方法を解説します。

引っ越し業者の選び方

引っ越し業者の選び方

引っ越し業者を選ぶときは、3つのポイントを押さえることが大切です。

  • 見積もりを依頼し安いところを選ぶ
  • 業者の評判・口コミをチェックする
  • 対応の良さも重要なポイント

どれも大切なポイントなので、ひとつずつ見ていきましょう。

見積もりを依頼し安いところを選ぶ

少しでも安い引っ越し業者にお願いしたい場合は、気になる複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

見積もりを出してもらえば、料金を比較できるので、高額なサービスを利用してしまうリスクを回避でき、おトクに引っ越すことができます。

最低でも2社、できれば3〜4社に見積もりを出してもらい、比較・検討してからどこに依頼するか決めましょう。

業者の評判・口コミをチェックする

最近はネット社会となり、PCやスマホで検索すると、たくさんの口コミが出てきます。

ネット上の口コミは、実際に利用した人のリアルな声です。気になる引っ越し業者があれば、一度口コミを検索してみましょう。

対応の良さも重要なポイント

引っ越し業者選びをするときは、業者側の対応の良さも重要なポイントです。

見積もりを依頼するときは、対応の良さを確認するために、料金だけではなく電話対応や、メールの返信の速さ・丁寧さをチェックすると良いでしょう。

電話口やメールでの感じが悪いと、実際のサービスも残念な結果になりがちです。見積もりを依頼する際の業者側の対応も、判断材料に含めましょう。

引っ越し業者の料金相場

引っ越し業者の料金相場

引っ越し業者の料金相場は、利用する時期や荷物の多さ、距離、住んでいる地域などによって変動します。

繁忙期である3・4月、同一県内への引越し費用の相場は、以下の通りです。

  • 単身世帯:35,000~60,000円
  • 2・3人世帯:80.000~120,000円
  • 4・5人世帯:110,000~190,000円

通常期の5月~2月、同一県内への引越し費用の相場は、以下のようになっています。

  • 単身世帯:25,000円~40,000円
  • 2・3人世帯:60.000~80,000円
  • 4・5人世帯:75,000~110,000円

繁忙期は通常期よりも数万円から10万円以上も高くなってしまいますので、時期を選べるようでしたら、なるべく通常期に引っ越しましょう。

出典:引っ越し侍|引っ越し見積もり費用の相場はだいたいいくら?料金総額の平均と目安を紹介

引っ越し業者おすすめ10社を徹底比較

それでは、引っ越し業者のおすすめ10社をご紹介します。

業者ごとに特徴や料金設定の違いがありますので、自分に合ったベストな業者を見つけてみてください。

くらしのマーケット

くらしのマーケット

『くらしのマーケット』は、ハウスクリーニングや家事代行など暮らしに関するサービスをプロに依頼できるサービスです。

特定のサービスを依頼したい人と、その作業を請け負える出店者が、サイト上でマッチングできます。

『くらしのマーケット』の魅力は、格安で利用できる引越しサービスを探しやすいところです。現住所、引越し先、荷物の量、作業員、日程などで検索すると、条件に合った格安引越しサービスが表示されます。

ランキングや料金が安い順、口コミが多い順、口コミ評価が高い順で見ていくことも可能。サービス内容や口コミなどを参考にして、依頼したい引っ越しサービスを選びましょう。

暮らしのサービスをオンラインで予約するなら!【くらしのマーケット】

トレファク引越

トレファク引越

『トレファク引越』は、引っ越し作業だけではなく不用品の買取・処分まで一括で依頼できる引っ越し業者。

なぜ『トレファク引越』が不用品の買取も行えるのかというと、運営元がリサイクルショップ大手の『トレジャーファクトリー』だからです。

買取してもらえるものがあれば、お金に変えることができ、引っ越し業者とは別に不用品回収業者に依頼する手間やお金を節約できます。

不用品がたくさんあり、おトクに手放したい人にとって『トレファク引越』はイチオシのサービスです。

不用品って売れるんです!引越と買取なら[トレファク引越]

引越しバービィー

引越バービィー

『引越しバービィー』は、東京・埼玉・神奈川・千葉県でサービスを提供している、不用品の買取が可能な引越し業者です。

営業エリアを絞ることによってトラックの稼働率をアップしたり、広告費を削減したりすることで、格安の引っ越し料金を実現しています。

1都4県でNo. 1最安値を掲げており、万が一他社よりも1円でも高い場合は、値引き交渉にも応じてもらうことも可能です。

不用品回収のオプションもあり、作業の方も素早く丁寧でした。次回の引越し時にもお願いしたいです。

出典:SUUMO引っ越し見積り/50代男性

20年振りの引越しのため、最近の引越し事情が分からず不安でしたが、素早い作業で感心しました。次回の引越し時にもお願いしたいです。

出典:SUUMO引っ越し見積り/50代男性

『引越しバービィー』公式ホームページはこちらから!

サカイ引越センター

サカイ引越センター

『サカイ引越センター』は、パンダのマークでお馴染みの、設立から50年以上を誇る引越し業者です。

料金は業界の相場よりも高めですが、社内教育の徹底や引越安心マークの取得など、引越しのサービス水準は業界でもトップクラス。

「少し料金が高くても、高品質なサービスを受けたい」という方におすすめです。

『サカイ引越センター』公式ホームページはこちらから!

アート引越センター

アート引越センター

『アート引越センター』は、1977年設立の大手引越し会社です。

独自の研修ハウスを東日本と西日本に設け、長年培ってきた引っ越しのさまざまな技術を学べる環境を整え、スタッフの技術を磨いています。

品質の高さに加え、エアコンの取り外し・取り付けなどの電気設備工事や、エアコンクリーニング、ピアノや特殊品の搬送など、豊富なオプションが揃っているのが特徴です。

高品質なサービスを受けたい人や、引っ越し作業の他に依頼したい作業がある人は、『アート引越センター』への依頼を検討してみましょう。

引越しの作業では手際よく、見ていて関心していました。訪問見積もりの方も電話応対も愛想が良く、気持ちよかった。見積もりもかなり値引きをしていただけた。

出典:引越し侍

営業の方や引越し当日の作業の方もテキパキしてくださったので、当日荷解きが出来ました。 悪い所はありません。 また、アートさんを使いたいです。

出典:引越し侍

アート引越センターのご利用はこちらから!

ハート引越センター

ハート引越センター

『ハート引越しセンター』は、単身世帯や遠方への引越しを得意とした、業界では珍しい全国直営店舗です。

ウェブアンケートを導入し、スタッフはもちろん、経営者も目を通し、利用者の「生の声」を元に更なるサービス向上に取り組んでいます。

リーズナブルな料金体系ではありますが、「引越安心マーク」を取得しているため、サービスの質は確か。

一人暮らしの方、遠方への引っ越しを予定している方、安くて質の高いサービスを探している方は、『ハート引越しセンター』をチェックしてみましょう。

荷物に関しての問い合わせを何度かさせてもらったのも とても快く丁寧に対応してくださった。 当日もおふたりで来られましたがとても爽やかな印象で、テキパキとしっかりこなして下さいました。 値段交渉もおやすくしていただき、本当に良い引越しになりました。

出典:引越し侍

冷蔵庫、ベッド、洗濯機のみの配送をお願いしました。 思っていたより見積り額が高かったので値引き交渉した所、日にちを替える、翌日配送にする事でもう少しお安くできるとの事でした。 急ぎの引っ越しではなかったので日にちを替え再見積りお願いしました。 が、やはり予定金額より高く再値引き交渉しました。 こちらの希望金額とはいきませんでしたが、かなり希望に近い金額を出していただけたのでお願いする事にしました。 電話の応対もとても気持ちよく色々親身にしていただき感謝しています。

出典:引越し侍

ハート引越センターのご利用はこちらから!

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンス

『ヤマトホームコンビニエンス』は、宅急便でお馴染みの『ヤマトホールディングス』の傘下でしたが、現在は大手引っ越し業者である『アート引越しセンター株式会社』の連結子会社となっています。

『ヤマトホームコンビニエンス』の魅力は、宅急便サービスで培った「クロネコ品質」により、大切な家財を大切に預かり、引っ越し先まで届けてくれる安心感です。

2022年の「オリコン顧客満足度ランキング引越し会社単身者部門」では第1位を獲得し、単身者から多くの支持を集めています。

現在、家族向けの引っ越しサービスは申し込みを休止しており、単身者のみ受付可能です。荷物の少ない一人暮らし世帯の方の方におすすめのサービスと言えます。

何回か利用したことがあり、単身赴任パックがあり、見積もりも手軽であった。このパックだと準備はほとんど自分でしなければならないが、当方も回数を重ねているので、支障はなかった。前の人の分の作業が大幅に遅れたとのことで、荷出し当日は予定時間より到着が遅れたが、早めに電話連絡があったので、別な用を先に済ませることができた。到着時の対応もてきぱきしていたと思うおおむね満足である生活用品を現地調達するなどの予定であれば、リーズナブルで良い。ただ、荷造り(箱詰め)と荷ほどきは自分でやれることが条件になろう。

出典:引越し侍

受付の対応も良かったですし、作業していただいた方の対応が大変素晴らしかったです。 応対、梱包、運搬も丁寧ですし、家具や家電のことで質問しても全て優しく答えていただき、冷蔵庫と洗濯機で私達が知らなかったアドバイスまでしていただきました。 また、急遽、洗濯機の下にキャスターのついた台を置くお願いをしたのですが洗濯機のサイズに調整までしていただき大変助かりました。また機会があれば頼みたいですし、友人や知人にも勧めたいです。

出典:引越し侍

ヤマトホームコンビニエンスのご利用はこちらから!

アーク引越センター

アーク引越センター

『アーク引越センター』は、愛知県名古屋市に本拠地を構える引っ越し業者です。

全国に200箇所を超えるサービスポイントがあり、全国どこでも「0003」の電話番号で対応。その幅広いネットワークにより、1994年版のギネスブックにも登録されています。

引っ越し作業を担当するのは、委託社員ではなく徹底した実践教育を受けた自社の専門スタッフ。サービスの質が高く、安心して引っ越し作業をお願いできます。

アーク引越センターのご利用はこちらから!

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社

『アリさんマークの引越社』は、引っ越しだけを行う専門業者です。

業者によっては、引っ越し以外の荷物を運んだり、下請業者に委託したりするところもありますが、『アリさんマークの引越社』は「完全自社システム」のため、安心して利用できます。

また、「社内免許制度」を実施しており、ドライバーと営業それぞれに3段階の試験を実施。厳しい審査を通過したスタッフのみが対応してくれるので、質の良いサービスを受けられます。

引っ越し日が決まっていて、午前搬出がよかったのですが、契約した引っ越し会社さんは、希望通りの日時にできるように、いろいろ調べていただき、手配していただけました。また金額も、他社さんと比較していただき、交渉してくれたので、希望の価格になり、よかったです! 訪問時の交渉中も、嫌な顔せず、丁寧な対応で良かったです。 引っ越し作業も手際よく、早かったです。

出典:引っ越し侍

見積もりの際、料金削減のために、自分達のために親身になって様々な提案をいただいた。 契約後、エアコン工事の内容変更などを数回にわたりお願いしたが、金額の変更も含め、気軽に対応していただいた。 ダンボールなどを見積もり直後に運び入れて頂き、引っ越しの準備が速やかに進められた。

出典:引っ越し侍

アリさんマークの引越社のご利用はこちらから!

赤帽

赤帽

『赤帽』は、軽貨物運送業を営む個人事業主で構成される協同組合組織です。全国各都道府県に44の協同組合が存在し、およそ180ヵ所の組合本部、支部、営業所等の拠点があります。

一般的な業者は最低でも1.5~2トン程度のトラックを利用し、数人のスタッフで作業を行うのが一般的ですが、『赤帽』では軽トラック1台にドライバー1名だけで対応するため、人件費がかからない分コストカットが可能です。

軽トラを利用するため単身世帯で荷物が少なく、かつ長距離でなければ、他の業社のプランよりも費用を安く抑えられるでしょう。

赤帽のご利用はこちらから!

引っ越し見積もりサービスおすすめ4選

引っ越し業者を探すときは、見積もりサービスを使うと便利です。おすすめを4つご紹介しますので、ぜひご活用ください。

引越しラクっとNAVI

引越しラクっとNAVI

『引越しラクっとNAVI』は、見積もりの比較から申込みまでワンストップで完了できる引越しサポートサービスです。

一般的な引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し会社から見積もりを出してもらう場合、業者ごとに連絡をとって、荷物量の確認や料金交渉をしなくてはなりません。

その点、『引越しラクっとNAVI』の一括見積もりサービスであれば、引越し専任のコンシェルジュが荷物量を確認し、複数の業者と料金交渉を行い、見積もりを集めた上で提示してくれるので、自分で業者を探す手間を省けます。

提示された見積もりから納得のいく業者を選ぶだけなので、『引越しラクっとNAVI』は、スピーディーに手続きを終えたい人におすすめです。

1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】



ズバット引越し比較

ズバット引越し比較

『ズバット 引越し比較』は、引越し先の住所や荷物量などを入力するだけで、最大12社に見積もりを依頼できる一括見積もりサイトです。

簡単に引っ越し業者ごとの料金を比較でき、最安値の業者をすぐに見つけられるので、業者と直接相談・交渉することで、最安値の引っ越し業者を見つけられます。

「引越し料金最大10万円キャッシュバック」など、期間限定のキャンペーンも展開しているので、上手に活用すればおトクに引っ越すことが可能です。

引越し侍

引越し侍

『引越し侍』は、全国の引越し業者の中から、口コミやランキングを元に、自分にぴったりな業者が見つけられる引越し比較・予約サイトです。

『株式会社ショッパーズアイ』による「引越し比較専門サイト運営会社22社に関する比較調査」では、利用者数・提携社数No. 1を獲得した実績も。

提携業社数が少ないサービスもある中で『引越し侍』は、提携業者が300社以上と豊富なので、多くの引越し業社の中からベストな1社を見つけることが可能です。

『引越し侍』で見積りをとるならこちらから!

引越し達人セレクト

引越し達人セレクト

『引越し達人セレクト』は、最短30秒の簡単な入力だけで、条件に合った複数の引っ越し業者を紹介してくれるサービスです。

費用・口コミ・サービスをまとめて比較し、気に入った業者があれば申し込みまでサイト内で行えます。

約4,000種類の会員優待券のプレゼントや、引っ越しお祝い金のプレゼントなど、特典が満載なのも嬉しいポイントです。

引越し達人セレクトはこちらから!

引っ越し料金を安くする方法

引っ越し料金を安くする方法

引っ越し料金は、いくつかのポイントを押さえることで、数万円ものコストダウンが可能です。

引っ越し料金を安くするおすすめの方法は、次の7つです。

  • 繁忙期を避ける
  • 不用品を処分して荷物を少なくする
  • 料金の安い日時に引っ越しする
  • 荷物の少ない人は「単身専用パック」を使う
  • 「時間帯フリー便」を使う
  • 自分で荷造りをする
  • 業者に値引き交渉をする

ぜひ、自分でできる方法を試してみてくださいね。

繁忙期を避ける

3月から4月は、入学・入社・転勤など多くの人が動く時期なので、引っ越し料金が高騰します。引っ越しの時期を調整できる場合は、なるべく繁忙期は避けましょう。

引っ越し業者に余裕がある時期に引っ越すと、繁忙期よりも料金設定は低めになっていますし、値引き交渉にも応じてもらいやすく、リーズナブルな価格で引っ越しできます。

不用品を処分して荷物を少なくする

引っ越し料金は、荷物が多くなればなるほど高くなります。料金を抑えて引っ越ししたい場合は、できるだけ荷物を少なくすることがポイントです。

荷物の量を減らすことで、スタッフの人数や車両の大きさを抑えることができるため、結果的に料金を節約できます。

車両の大きさ 荷物量目安
軽トラ ・1人暮らし(一般的な荷物量)
・家具家電と段ボール10箱程度
2tトラック ・1人暮らし(荷物が多め)
・家具家電と段ボール30箱程度
2tトラック(ロング) ・2人暮らし(一般的な荷物量)
・家電家具と段ボール40箱程度
3tトラック ・2人暮らし(荷物多め)
・家具家電と段ボール50箱程度
4tトラック ・3~4人家族
・家電家具と段ボール60箱程度

出典:おいくら

くらしのマーケットの不用品回収で費用を安くおさえよう!評判や口コミ・相場まとめ

料金の安い日や時間帯に引っ越しする

引っ越しをする時期に加えて、曜日や時間帯も意識してみると、さらに引っ越し料金を抑えることが可能です。

土日や祝日、午前中は、多くの人が引っ越し業者を利用するため、料金が高くなる傾向があります。さらに、縁起が良いとされる「大安」の日も引っ越し料金が高くなりやすいです。

引っ越す日を選べるなら、できるだけ安い日や時間帯を選んで、おトクに引っ越しましょう。

荷物の少ない人は「単身専用パック」を使う

単身世帯でなくても、荷物量が少ない場合は「単身専用パック」を利用することで、引っ越し料金を抑えることができます。

「単身専用パック」は、サービス名は業者によって「単身専用パック」「単身パック」「単身引越サービスパック」などさまざまですが、コンテナボックスを利用した単身者用の引越しサービスです。

コンテナボックスは運送効率が良く、運送業者の輸送コストが抑えられるため、引っ越し料金が安く設定されています。

「時間帯フリー便」を使う

引っ越し業者は、基本的に1日の時間帯を「午前便」「午後便」「フリー便」の3つに分けています。

料金を安くしたい場合は、時間を指定しない「フリー便」の利用がベストです。フリー便は、引っ越しの日にちだけを決めておき、作業の開始時間は会社の都合に合わせます。

引っ越し業者の都合に合わせるため、安い料金で利用できるという仕組みです。

自分で荷造りをする

引っ越しのプランには、業者に荷造りをお願いするプランと、自分で荷造りを行うプランが用意されていることがあります。

業者に荷造りを依頼する場合、作業をする人員が増えるため、自分で行うプランよりも料金が高くなります。

引っ越し料金を安くするためには、なるべく荷造りは自分で行いましょう。

業者に値引き交渉をする

引っ越しの見積もりをする際に、値引き交渉をすることで、料金を安くできることがあります。

業者に値引き交渉するときは、以下の例文を参考に交渉してみましょう。

「A社が50,000円だったので、それより安くしてもらえませんか?」
「会社の規定で50,000円までは引っ越しの補助がでるので、50,000円以内に抑えられないでしょうか?」
「御社にお願いしたいのですが、他社が格安なので迷っています。50,000円まで値引きは可能ですか?」

値引き交渉のコツは具体的な金額を提示することです。その金額であれば契約する意思をはっきり示すと、値引き交渉に応じてもらえる可能性がアップします。

自分にぴったりな業者を選んでおトクに引っ越そう!

自分にぴったりな業者を選んでおトクに引っ越そう!

引っ越し業者を探すときは、「見積もりを依頼し安いところを選ぶ」「業者の評判・口コミを確認する」「対応をチェックする」という3つのポイントを押さえておくと、失敗がありません。

引っ越し業者の料金は、利用する時期や荷物の量、距離、住んでいる地域などによって違いがありますが、安く利用するには繁忙期を避けることが大切です。

紹介した引っ越し業者は、どこも信頼できるところばかりなので、自分の希望や目的と合う業者を見つけてみてください。