【汚れ激落ち】100均グッズで実践!メイク道具の洗い方!

araou編集部

みなさんはメイク道具のお手入れ、どのくらいの頻度で行っていますか?
毎日使うものなので定期的にお手入れをしたいとは思うものの、なかなか手が回らない…という方や、そもそもどうやってお手入れをしたらいいのか分からないという方も多いと思います。今回はおすすめの100均グッズと家にあるものを使って、誰でも簡単にメイク道具をキレイにすることができる方法をご紹介していきます!

今回の記事はYouTube「araouチャンネル」にて動画でご紹介しております!ぜひYouTubeもチェックしてみてくださいね。

メイク道具が汚れているとどうなる?


けっこう怠りがちになってしまうメイク道具のお手入れですが、実は定期的にお手入れをしないと、化粧ノリが悪くなるだけでなく、肌トラブルを引き起こしてしまう恐れもあるんです。メイク道具には顔についている菌と化粧品が混ざったものが付着していて、菌によっては化粧品を栄養源とするため、菌が繁殖しやすい環境にあります。
汚れたままのメイク道具を使えば、増殖した菌を顔に塗っているのと同じことになり、それが肌トラブルに繋がります。そうならない為にもきちんとお手入れをして常に清潔な状態を保ちましょう。
お手入れをする頻度ですが、メイク道具によってそれぞれ異なるので、今からご紹介する洗い方と一緒にぜひ参考にしてみてくださいね。

メイク道具の洗い方


メイク道具の洗い方をご紹介します。今回は、メイクブラシ、マスカラブラシ、メイクスポンジの3つのお手入れ方法をそれぞれご説明していきますよ!

メイクブラシのお手入れ方法

ブランドのものからリーズナブルなものまで千差万別ですが、お手入れ方法は変わりません。まずは基本のお手入れをご紹介します。

    使用アイテム

  • セリアのドライブラシクリーナー
  • STEP.1
    ブラシをドライブラシクリーナーに軽くなでるようにして粉を落とします。

たったこれだけで完了です!
ワンステップで簡単にできるのでこれなら毎日続けられそうですね! ブラシを使うたびにこのお手入れをするだけで、ある程度の汚れを落とすことができるので、ぜひ習慣化してくださいね!

しっかりと汚れを落とすためのメイクブラシのお手入れ

ブラシは頻繁に洗い過ぎると口金部分に水が溜まって菌が発生したり、摩擦によってブラシの毛が抜けやすくなったりと傷みやすいです。

MEMO
お手入の頻度は2週間に1回を目安に洗うことをおすすめします。
    使用アイテム

  • ダイソー ブラシクリーナー
  • ダイソー メイクブラシ専用クリーナー
  • セリアのブラシスタンド
  • STEP.1
    ブラシクリーナーに突起が隠れるくらいまでぬるま湯を入れ、そこにほんの少量のメイクブラシ専用クリーナーを足す
  • STEP.2
    大きいブラシはクルクル回して洗い、小さいブラシは真ん中の小さな突起でなでるように洗う
  • STEP.3
    ブラシクリーナーに今度はぬるま湯だけを入れ、汚れやメイクブラシ専用クリーナーをすすぐ。これを2~3回繰り返す。
  • STEP.4
    なでるように毛の流れに沿って水気を切ったら、ブラシスタンドに毛先を下にして立て、風通しのよい日陰で十分に乾かす。
注意
ゴシゴシと強くこすりつけるとブラシが傷む原因となるので、優しく洗ってくださいね。ブラシを1本洗うだけでもかなり汚れが出るので、毎回ぬるま湯とメイクブラシ専用クリーナーを新しいものに変えて洗いましょう。
MEMO
乾かす時に毛先を下にすることで、口金部分に水が入るのを防ぐことができるだけでなく、よりはやく乾かすことができます!


お手入れ完了です。キレイになりました! 目に見えて汚れが落ちていくのでなんだかスッキリします!

この100均グッズたち、全部めちゃくちゃ優秀です!
ブラシクリーナーは突起がついているおかげで軽くクルクルと回すだけで簡単に汚れが落ちるし、ブラシスタンドはシリコン素材なので伸縮性があってどんな太さのブラシでも滑らずにしっかりとフィットします!

マスカラブラシの洗い方

マスカラブラシは、元々マスカラがたっぷりついているうえに、他のメイクブラシと違って、ブラシ部分が見えないようにしまい込んで保管されているので、お手入れを忘れがちですよね。

MEMO
目に雑菌が入る恐れもあるのでやはり定期的なお手入れが必要です。週に1回を目安に行うといいでしょう。
    使用アイテム

  • クレンジングオイル
  • STEP.1
    ブラシに直接クレンジングオイルをつけ、指で汚れをこする。
  • STEP.2
    ぬるま湯でキレイに洗い流す。
  • STEP.3
    ティッシュで優しく水気をふき取る。


これでお手入れ完了です!すごくキレイになりました~!
キレイにお手入れすることでマスカラがダマになりがちだったのが、キレイにスッと塗れるようになりました!
クレンジングオイルだけで簡単にお手入れができちゃうし、気持ちのいいくらい汚れが落ちるので、ぜひみなさんもやってみてくださいね!

メイクスポンジの洗い方

3つめは、メイクスポンジです!メイクスポンジは、肌と接する面が多く、汗や皮脂を吸収しやすいです。

MEMO
汚れやすいアイテムのためお手入は必ず週に1回はするようにしましょう!
    使用アイテム

  • ダイソー パフ・スポンジ専用洗剤
  • STEP.1
    洗剤を直接つけて揉み込むように洗う。
  • STEP.2
    ぬるま湯のなかで指の腹を使って軽く押し洗いします。汚れが出なくなるまでキレイなぬるま湯に取り替えて同じように押し洗いを繰り返す。
  • STEP.3
    汚れや洗剤が完全に落ちたら、軽く水気をきる。
  • STEP.4
    タオルにはさんでしっかり水気をきったら、風通しのよい日陰で十分に乾かす。
MEMO
初めに洗う際は乾いたままの方が汚れが落ちやすいので、あらかじめ水に浸す必要はありません!
注意
水気を完全に切ろうとしてスポンジをねじるなどすると、形が崩れてしまう原因になります。なので、手で包み込むように優しくしぼって水気をきりましょう!


めちゃくちゃキレイになりました!これだけキレイになると買ったばかりのスポンジを使う時みたいにウキウキしますね!

これでメイクブラシ、マスカラブラシ、メイクスポンジの3つのメイク道具のお手入れが終わりました!!100均グッズを使って簡単に出来たのに3つともとてもキレイになりました!汚れがみるみるうちに落ちていって、心もスッキリしました!

メイク道具をキレイにしてメイクを楽しみましょう!

今回は怠りがちなメイク道具のお手入れ方法をご紹介しました。メイク道具は肌に直接当てて使うものということに加え、より長く使うためにも定期的なお手入れが大切です。
いつも清潔な状態を保ち、肌トラブルを防ぐと同時にメイクのノリもグンとアップさせちゃいましょう!

2020年最新の柔軟剤をランキング比較!おすすめのいい匂い・人気の香り50選