ファーはクリーニングが必要?お手入れや自宅クリーニングの方法について

ファー クリーニング

冬になると大活躍するファーですが、お家でのお手入れが大変だと感じたことはありませんか?ファーも放置しておくと、ホコリが溜まったりファー同士がくっついてしまったりします。ファー素材のストールやマフラー、コートなどはクリーニングに出している方も多いと思いますが、金額の相場はどの程度なのでしょうか?また、お家でお手入れする方法もご紹介します。

ファーのお手入れの仕方は?

ファー クリーニング

自宅ではなかなか水洗いができないファーは、お手入れの仕方も限られています。お手入れ方法としては毛並みのブラッシングをするなどが考えられますが、実際には、汚れたときにどのようなお手入れが有効なのでしょうか?

リアルファーの場合

リアルファーは、水洗いができないためドライクリーニングやブラッシングなどが大切です。

どうしても汚れが落ちない場合は、乾いたガーゼや柔らかい布でふき取り、ドライヤーなどで乾かしながらブラッシングするのが一般的です

洗剤などを使うことでべたついた印象になるのを避けるため、自宅でのお手入れはなるべくブラッシングだけで済ませましょう。

フェイクファーの場合

基本的にフェイクファーも、リアルファーとお手入れの仕方に変わりはありません。しかしフェイクファーの場合は、臭いがつきやすいため臭い対策も重要です。

臭いの対策は防臭剤などと一緒に保管することが大切になってきます。匂いが気になる時は防臭剤を使いましょう

ファーのクリーニングは高い?

ファー クリーニング

ファーのクリーニングは、クリーニング専門店や汚れ具合によっても金額が異なってきます。では、ファーのクリーニング代は一般的にどの程度なのでしょうか?

クリーニング専門店での金額は?

クリーニング専門店では、ストールやマフラーなどは2000円~3000円程度ですが、コートなどの大きいものでは1万円程度する場合があります。

また、リアルファーの動物の種類やフェイクファーの素材によっても金額が異なってくるため、クリーニング専門店でのクリーニングを考えている場合は、先に料金を確認してから依頼することをおすすめします

自宅でクリーニングできるものなの?

ファー クリーニング

ファーのクリーニングは、軽い汚れやお手入れ程度なら自宅でも可能です。着用後は必ず、軽くはたいてゴミやほこりを落とし、毛並みを整えるためにブラッシングを丁寧に行いましょう。そうすることで、ファーの持ちも変わってきますよ。

自宅でクリーニングをするのに必要なもの

自宅でのクリーニングには、ファーの毛並みを整えるためのブラシが必要です。汚れを落とすことができるように、細かい毛もとかすことのできるブラシを用意するのがおすすめです。

ドライクリーニング

ファーの種類によっては、自宅の洗濯機の「ドライクリーニング」コースを使って洗うことができます。しかし、ファーの種類や状態の確認をせずに洗ってしまうと、ファーにボリュームがなくなったり、ペタッとした印象になってしまうため気を付けましょう。

ファーのクリーニングに失敗しないために

自宅でファーをクリーニングするのはとても大変ですが、長く愛用したいものだからこそ丁寧に扱って手入れをすることが大切ですね。ふわふわの毛並みをいつまでも保つためにも、こまめな手入れを行う必要があります。

正しい方法でクリーニングをして、愛用のファーを長持ちさせましょう。また、保管の際にもしっかりと防虫対策を行うと、よりキレイな状態を保つことができますよ。