真夏の準備はお早めに!エアコン特集

こたつ布団におすすめの宅配クリーニング5選|自宅での洗い方も解説

araou編集部

冬には手放せないこたつ。
寒い時期にはこたつにいる時間が長いため、食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、汗や皮脂がしみ込んでしまったりと、普通の布団に比べると汚れがちです。

こたつ布団は自宅で洗うこともできますが、手間と時間がかかるため、宅配クリーニングに出せば簡単にきれいに仕上がります。

今回は、こたつ布団におすすめの宅配クリーニングを5店、厳選してご紹介していきます。

布団をクリーニングするなら『布団丸洗いのフレスコ』へ


こたつ布団OKな宅配クリーニングおすすめ5選

宅配クリーニング名 特徴
ふとんリネット 抗菌・防臭効果がある洗剤を使用
リナビス 追加料金なく最大12か月まで預かってくれる
せんたく便 ふわっとした質感を取り戻してくれるふかふか仕上げ
カジタク ふわふわに仕上がった布団をそのまま圧縮せずに届けてくれる
しももとクリーニング 他人の品物とは一緒に洗わない「完全個別洗い」

ふとんリネット

ふとんリネット
出典:ふとんリネット

ふとんリネットでは、抗菌・防臭効果がある洗剤を使用して丸洗いしています。

丸洗いすることで食べこぼしはもちろん、ダニやカビも除去できますので、小さなお子様がいる家庭に喜ばれています。心配な人はオプションで防ダニ加工もありますよ。

ふとんリネットでは専用の乾燥室とタンブラー乾燥機を完備。硬くなった中綿を柔らかくほぐして、ふわふわの仕上がりにします。

仕上がったこたつ布団は圧縮袋に入れられた状態で届くので、オフシーズンの保管にも便利です。

araou編集部

圧縮袋から出せば、仕上がり時と同じようなふわふわの状態に戻るので心配いりませんよ。
料金(税込) 1枚 9,680円
2枚 12,980円(6,490円/1枚)
3枚 14,080円(4,694円/1枚)
4枚 16,280円(4,070円/1枚)

※1個口で出した際の料金です
※クイーンサイズとキングサイズは追加料金が発生します

オプション 防ダニ加工 1,100円(税込)/1枚
送料 無料
集荷袋 申込後3~4日後に布団発送キットが届く
最短お届け 10日後

※送料は、1個口あたり合計料金6,600円(税込)未満の場合は、3,300円(税込)(北海道・沖縄は4,400円(税込)となりますが、ふとんクリーニングは6,600円以上となるため無料です。取り扱い除外品となり返却となった際は、上記送料が発生します。

リネットの申込みはコチラから

リナビス

リナビス
出典:リナビス

リナビスの布団コースでは、布団を丸洗いすることでダニや汚れ、ほこりを取り除きます。

追加料金なく最大12か月まで預かってくれる保管サービスがあるため、自宅の収納スペースが少ない人におすすめです。布団の保管を希望しない場合でも、圧縮袋に入れて届きますので、押入れがスッキリします。

料金(税込) 1枚 9,680円
2枚 12,980円(6,490円/1枚)
3枚 14,190円(4,730円/1枚)
4枚 16,280円(4,070円/1枚)

※シングルサイズの掛け布団の料金です
※セミダブル・ダブルサイズは追加料金が発生します
※クイーンサイズとキングサイズは申込み不可です

オプション 防ダニ加工 1,100円(税込)/1枚
送料 無料
※沖縄、一部離島を除く
集荷袋 申込後3営業日後に集荷キットが届く
最短お届け 10営業日~

リナビスの申込みはコチラから

せんたく便

せんたく便
出典:せんたく便

せんたく便のふとんパックの最大の特徴は、ふわっとした質感を取り戻してくれるふかふか仕上げ。

丸洗いによってダニや皮脂や食べこぼし汚れをキレイにしてくれるだけでなく、ぺたっとした中綿を一本一本立ち上げてくれるため、まるで新品のような仕上がりで戻ってきますよ。

仕上がったこたつ布団は圧縮されて戻ってきますが、集荷の際は専用バッグに入れるだけなので簡単です。

料金(税込) ふとんパック 13,178円(6,589円/1枚)
ふとんパックリピート割 12,408円(6,204円/1枚)

※2回目からは、「せんたく便専用パック」の利用で700円割引
※クイーン・キングサイズは1点で2枚分扱い
※こたつ布団は1点で1枚扱い。ただし、キットに2枚入らない場合は1点で2枚扱いとなります。

オプション 防虫・防カビ加工 6,930円(税込)/1枚
※2点目以降は1点あたり3,300円(税込)となります
送料 無料
集荷袋 申込後1週間以内にせんたく便ふとんパックキットが届く
最短お届け 約1カ月後

せんたく便の申込みはコチラから

カジタク

カジタク
出典:カジタク

カジタクのふとんクリーニングは、ふわふわに仕上がった布団をそのまま圧縮せずに届けてくれるのが特徴です。

タンブラー乾燥機・遠赤外線乾燥室・平面乾燥機・天日干しといった複数の乾燥方法を、布団によって使い分け一番適切な方法でふかふかに仕上げます。

一度も圧縮しない状態で戻ってくるため、こたつ布団がふわっとした状態のまま届くのも喜ばれています。

スペースの関係上、圧縮での返却を希望する人には圧縮プランの用意もありますよ。

料金(税込) 2枚 12,980円(6,490円/1枚)
3枚 18,700円(6,233円/1枚)
3枚(圧縮届け) 15,400円(5,133円/1枚)
※こたつ布団サイズは220✕260cmサイズまで
オプション 防ダニ加工 1,100円(税込)/1枚
9カ月保管 1,100円(税込)/1パック
送料 無料
集荷袋 申込後2~6日後に集荷キットが届く
最短お届け 10日後

カジタクの申込みはコチラから

しももとクリーニング

しももとクリーニング
出典:しももとクリーニング

しももとクリーニングの最大の特徴は、肌に優しい仕上がりになっている点です。

四万十川の源流水を利用し、合成洗剤ではなく植物性100%の無添加石鹸を使い布団を洗うので環境にも肌にも優しいので安心。

また、小型の布団丸洗い専用機を使用し、他人の品物とは一緒に洗わない「完全個別洗い」を行っています。見ず知らずの人と一緒に洗うのに抵抗がある人にもおすすめですよ。

料金(税込) 1枚 9,680円
2枚 12,980円(6,490円/1枚)
3枚 16,280円(5,426円/1枚)
オプション
送料 無料
※北海道、一部利用は除く
集荷袋 申込後、宅配キットが届く
最短お届け 7日後

しももとクリーニングの申込みはコチラから

こたつ布団のクリーニングをおすすめする理由

こたつ布団を洗いたいのであれば、クリーニングに出すのが一番おすすめです。

詳しく解説していきますね。

自宅での洗濯は手間と時間がかかる

「わざわざクリーニングに出さなくても、自宅で洗おうと思えば洗えるし・・」
このように思う人も多いのではないでしょうか。

確かに、自宅でこたつ布団を洗うことは可能です。

しかし、こたつ布団はサイズが大きいため、自宅の洗濯機で洗えない人も多く、手洗いだと手間がかかります。

また、洗濯機になんとか入るという方でも、洗剤や脱水時間など気を配るポイントがたくさんあるため、手間も時間もかかってしまいます。

乾燥に時間がかかる

なんとか洗濯を終えたとしても乾燥するのも大変です。

乾燥機にかければ簡単ですが、ヒーター式の乾燥機の場合、こたつ布団にもダメージが大きいのが難点。

外で干す場合は、最低でも1~2日干さないと中まで完全に乾きませんし、雨が降ってしまった場合大変です。

また、自宅で手洗いした場合、水を含んで重くなったこたつ布団を脱水するのは簡単ではありません。

しっかり伸ばしてかけておくことで自然に脱水させるのが一番ですが、余計に時間がかかりますし、重いこたつ布団を竿にかけるのもかなりの重労働です。

こたつ布団には皮脂汚れだけでなく食べこぼしの汚れも

敷布団や掛布団はクリーニングに出さなくても、天日干しだけという家庭も少なくありませんが、こたつ布団はしっかりと洗わなければいけません。

寝るときに使う敷布団などと異なり、こたつ布団には食べこぼしのような汚れもたくさんついているからです。

皮脂や食べこぼし汚れがたくさんついていて、さらに温かい環境下で利用されるこたつ布団はダニの温床です。

天日干しだけでなく、定期的にきちんと水洗いすることが大切です。

こたつ布団自は自宅で洗える?洗い方について

こたつ布団はクリーニングに出すのがおすすめです。ただし、自宅で洗うこともできますので、その際の方法についてご紹介します。

自宅で洗う場合は、下記の2通りになります。

  • 洗濯機で洗う
  • 手洗い
詳しく見ていきましょう。

こたつ布団を洗濯機で洗う方法

こたつ布団は、洗濯機で洗えるものもあります。
洗濯表示マークを確認した上でサイズが入れば、洗濯機でも洗えます。

ほこりや食べかすを取り除き、シミ抜きをする

こたつ布団を洗濯機に入れるときには、いきなり入れるのではなく、前処理をしましょう。

まず、こたつ布団に付着している食べかすやほこりはたたくか粘着クリーナーで取り除きます。
目立つ汚れやシミがある場合は、洗濯機にかける前に下洗いを。

中性洗剤を薄めてスポンジや柔らかいブラシでそっとなじませ、シミを薄くしておきましょう。

こたつ布団をたたんでネットに入れる

こたつ布団をそのまま洗濯機に入れると、洗濯機の中で広がってしまい、均等に綺麗にするのが難しくなります。また、万が一布団が洗濯槽から飛び出てしまったら洗濯機が破損する可能性もあります。

布団用の大物用ネットを必ず使用するようにしましょう。

洗濯コースを選択

こたつ布団を洗う時には、「毛布モード」や「大物・厚物コース」を選び、たっぷりの水流で洗うようにしましょう。

もしも、洗濯機にこのようなコースがない場合は、弱水流・高水位に設定すれば、似た環境になります。

洗剤は中性のおしゃれ着洗い用を使う

使用する洗剤は、中性のおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

黄ばみなど気になるときは酸素系漂白剤を入れましょう。除菌や消臭に効果的です。

ふんわりとした仕上がりにしたい場合は、仕上げに柔軟剤も入れるのがポイントです。

脱水は短く!

脱水時間は短めにしましょう。毛布モードや大物・厚物コースにした場合でも、コースの脱水時間の途中で止めても大丈夫です。

長時間、脱水すると、こたつ布団の中綿が傷んでしまうので注意してくださいね。

こたつ布団を手洗いする方法

洗濯機に入らないサイズの場合は、手洗いをします。

お風呂に洗濯液をつくり、足踏みして洗っていきます。

こたつ布団をたたむ

まずは、洗濯機での手順と同様にこたつ布団をたたみます。

洗濯機に入れるわけではないので、ネットは不要です。

浴槽に洗剤液をつくる

浴槽にぬるま湯をためて、洗剤を入れて洗剤液を作ります。

こたつ布団を先に浴槽に入れてからだと、布団全体に洗剤がいきわたらないので、先に洗剤液を作っておきましょう。

使用する洗剤は、洗濯機使用と同様にオシャレ着用の中性洗剤です。

もしも酵素系漂白剤を使用する場合は、この時に一緒に入れます。

足踏みして押し洗いする

洗剤液が入った浴槽にこたつ布団を入れて、足で踏んで押し洗いします。

手で洗うよりもはるかに効率的です。

キレイなお湯で何度かすすぐ

押し洗いをしていくうちに、お湯が濁ってくるので、ある程度濁ってきたら、すすぎ洗いに入りましょう。

浴槽の栓を抜き、汚れた洗剤液を捨て、キレイな水と入れ替えて再度足踏みします。

これを2~3回繰り返します。

洗剤が残ると、嫌なにおいが発生するため、必ず入念にすすぎましょう。

柔軟剤を利用する場合は、最後のすすぎの水に入れます。

重力で脱水

こたつ布団の手洗いの工程の中で一番大変なのは、脱水です。

たっぷりの水を含んだこたつ布団はとても重いです。

布団をよく踏み、できるだけ水分を押し出したら浴槽の縁に駆け、重力で水切りをします。

ある程度水が切れたら、物干し竿にかけて乾燥します。

乾燥するときはM字干しでふんわりと仕上げる!

こたつ布団を干すときは2本の竿を使った、M字干しがおすすめです。

物干し竿を2本並行に置き、真ん中をくぼませるイメージで布団をかけていきます。

物干しざお1本で干す時に比べ、風が通る隙間ができるので、早く乾きますよ。

店舗型クリーニング店を利用する場合・自宅で洗濯する場合と比較

こたつ布団を洗うには、主に下記の3種類の方法があります。

  • 宅配クリーニングに依頼する
  • 店舗型のクリーニングに依頼する
  • 自宅で洗う
それぞれのメリットデメリットについて確認していきましょう。

宅配クリーニングでこたつ布団をクリーニングするメリット・デメリット

宅配クリーニングの場合、自宅に居ながら重い布団をクリーニングに出すことができるのが一番のメリットです。

24時間いつでも申し込みができますし、梱包用の段ボールや専用バッグは無料で用意してもらえることが多いので、気軽に頼めます。

デメリットは、店舗型のクリーニング店に比べると料金がやや高めであることと、仕上がりまでの日数がかかってしまうことです。

急ぎの時や、費用を極力抑えたい場合は、店舗型のクリーニング店に依頼しましょう。

店舗型クリーニングでこたつ布団をクリーニングするメリット・デメリット

店舗型のクリーニングの場合、宅配クリーニングよりも短期間で仕上がり、かつ料金もリーズナブルなことが多いという点です。

デメリットとしては、重くてかさばるこたつ布団を店舗まで持って行科なければならないことです。また、一般的な衣類とは異なり、すべてのクリーニング店が布団クリーニングを実施しているわけではないため、自宅近くの店舗が見つからないということもあります。

自宅でこたつ布団を洗うメリット・デメリット

自宅でこたつ布団を洗うメリットとしては、費用が安く抑えられるという点です。

自宅の浴槽を使って洗濯するだけなので、クリーニング料金と比べるとかかるのはほんのわずかのの光熱費とオシャレ着洗剤の代金だけです。

しかし、前述したように自宅でこたつ布団を洗うのはかなりの手間と時間がかかります。

労力をかけても安く済ませたい場合は良いですが、なるべく楽に洗いたい場合はやはりプロにお任せするのが確実です。

宅配クリーニングで簡単にこたつ布団をキレイにしよう

今回は、こたつ布団をクリーニングするのにおすすめのサービスをご紹介してきました。

こたつ布団は、思っている以上に汚れています。

自宅で洗うこともできますが、宅配クリーニングに出せば、家事の負担は減りますし、汚れたこたつ布団がスッキリきれいになって戻ってくるので、翌シーズンを気持ちよく迎えられます。

こちらで紹介しているポイントなどを踏まえて、ぜひ自分に合った宅配クリーニング店を選んでくださいね。

araou編集部

本記事でご紹介したこたつ布団OKな宅配クリーニングは、以下の通りです。宅配クリーニング名をクリックするとサービス紹介にジャンプします。
宅配クリーニング名 特徴
ふとんリネット 抗菌・防臭効果がある洗剤を使用
リナビス 追加料金なく最大12か月まで預かってくれる
せんたく便 ふわっとした質感を取り戻してくれるふかふか仕上げ
カジタク ふわふわに仕上がった布団をそのまま圧縮せずに届けてくれる
しももとクリーニング 他人の品物とは一緒に洗わない「完全個別洗い」
宅配クリーニングを利用するなら!
東京のおすすめ宅配クリーニング!
東京のおすすめ宅配クリーニング!