リナビスとリネットを料金・早さ・オプションで比較!おすすめは?

cleaning_hikaku

araou編集部

宅配クリーニングの利用者は年々増加中ですが、中でも人気なのがリネットリナビスの2社です。

どちらも多くの方に利用されているサービスですが、実は料金体系やサービス内容は大きく異なります

この記事では、2社の料金体系、サービス内容といった特徴の違いを、実際に利用した体験談を交えつつが比較していきたいと思います。

リナビスとリネットのどちらを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

リナビスとリネットの最大の違いは料金体系

まずは、両社の料金体系の違いから解説していきます。知名度が高いリナビスとリネットですが、料金体系は全く異なります

リナビスは点数ごとの一律料金

リナビスはパック料金制を採用しており、服の種類関係なく、衣類の点数をまとめてパック料金として設定しています。一度に預ける点数が高いほど、1点あたりの料金は安くなります。

衣類20点コースだと1点あたりの価格は990円(税抜)ととても安くなります。

どのブランドの洋服でも、コートやダウンでも同じ料金になりますので、一般的にクリーニング代金の相場が高い衣類を依頼するとお得です。

コース リナビスのパック料金(税抜) 1点あたり(税抜)
衣類3点コース 4,920円 1,640円
衣類5点コース 8,550円 1,710円
衣類10点コース 11,700円 1,170円
衣類20点コース 19,800円 990円
ビジネスコース
(スーツ上3点下3点までの計6点)
4,770円 スーツ上下で1,590円

araou編集部

コートやダウンも同じ値段なので、お得ですよね。

リネットはアイテムごとの料金設定

リネットは、リナビスとは逆にアイテムごとの料金設定です。

町のクリーニング店と同様に衣類の種類1着ごとに価格が決まっていて、自分が依頼した衣類の分だけ金額がかかります。

アイテム 通常コース(税抜) 贅沢仕上げコース(税抜)
ワイシャツ(吊るし) 290円~ 740円~
スーツ上下 1,610円~ 3,010円~
ジャケット(スーツ上) 950円~ 1,650円~
パンツ(スーツ下) 660円~ 1,360円~
セーター 590円~ 1,290円~
ブラウス 550円~ 1,250円~
ワンピース 1,230円~ 1,930円~
コート 1,900円~ 3,400円~
ダウン 2,280円~ 2,980円~
その他アウター 1,030円~ 2,530円~
スキーウェア 1,960円~ 2,660円~

araou編集部

街のクリーニング店とそこまで値段は変わらない印象ですね。コートやダウンはやはり高い印象ですね。

往復送料は?

往復送料ですが、リナビスの場合は、パック料金に往復送料が含まれているため無料です。(北海道と沖縄は有料です。)

リネットの場合は、クリーニング料金と地域・会員種別によって異なります。

リナビス リネット
通常会員 送料無料 10,000円(税抜)以上で無料
プレミアム会員 2,400円(税抜)以上で無料
北海道 1,900円(税抜) プレミアム会員は5,000円(税抜)以上で無料、通常会員は10,000円以上で無料
沖縄 5,500円(税抜)

リネットプレミアム会員の往復送料

リネットのプレミアム会員の場合は、2,400円(税抜)以上の利用で往復送料が無料になります。

もしもクリーニングの利用料金が2,400円(税抜)未満の場合は、往復送料として別途1,800円(税抜)がかかってしまいますので、クリーニング料金の合計が2,400円(税抜)以上になるように計算して利用しましょう。

なお、クーポン利用時の場合でも、割引前のクリーニング料金で送料を計算してくれます。

リネットの通常会員の往復送料

通常会員の人は、1個口あたり10,000円(税抜)以上で送料無料です。

8,000円(税抜)以上10,000円(税抜)未満の場合は、往復送料として別途900円(税抜)、8,000円(税抜)未満の場合は往復送料として別途1,800円(税抜)がかかります。

araou編集部

通常会員の場合は、送料無料のハードルが少し高い印象です・・

どちらが安いかはクリーニングに出すアイテムの種類と数による

リナビスとリネットは料金体系が全く異なるため、どちらが安いかは一概には言えず、アイテムの種類や数によります。

具体的なパターンをご紹介していきますね。

リナビスが安くなるパターン

リナビスは、パックでの料金体系です。5点コースだと1点当たり1,710円ですが、20点コースだと1点当たり990円と格安になります。

リネットだと単価が高いダウンやコート、スキーウェアなどをたくさん出す場合にはリナビスの方が安くなります。

araou編集部

冬物のまとめ出しの時にとても便利ですね。

リネットが安くなるパターン

リネットの場合、たくさん出してもアイテムごとの単価は変わりません。

しかし、単価が安いワイシャツやセーター、パンツ、スカートを出す場合には、リナビスの20点コースで出すよりも安く抑えることができます。

araou編集部

リナビスに比べると普段着のクリーニングを頻繁にする場合にとてもおすすめですね。

早さを重視するならリネットがおすすめ

次に気になるのがクリーニングを出してから返ってくるまでの早さです。

リネットのプレミアム会員ならお急ぎ便が無料

リネットの場合、プレミアム会員の場合、東京23区をはじめとした限定されたエリアのみにはなりますが、なんと最短で翌日届けが無料です。

それ以外のエリアでも最短2日後でのお届けが可能です。ただし、通常会員の場合は最短7日後でのお届けになります。

なお、プレミアム会員の場合、会費はかかりますが、お急ぎ便自体の料金は無料です。

リナビスは繁忙期には時間がかかってしまうことも

リナビスの場合、最短5営業日後にお届け可能ですが、繁忙期などは、受け取り可能日が1か月あとになることもあります

必ず、受け取り可能日を確認してから依頼するようにしましょう。

保管も無料!オプションを重視するならリナビスがおすすめ

オプションを重視するのであればリナビスがおすすめです。

リナビスの場合、希望すれば最大12か月の保管が追加料金なしで可能です。

クリーニングの申し込みの際の受け取り可能日は1年後まで設定されているため、クローゼットが狭いので季節もののアウターは預かっていてもらいたいなんて時にも便利です。

一方、リネットの場合は、別サービスのリネットプレミアムクロークにお任せをすれば衣類をクリーニングした後に保管してくれるサービスがありますが、その場合は前述したリネットでのクリーニング料金とは異なり、リナビスのようなパック料金となります。

リナビス リネット
染み抜き
毛玉取り △プレミアム会員のみ
再仕上の有無
ボタン修理 ×
ほつれ直し 〇(5㎝程度であれば無料) ×
保管サービス △別サービスのリネットプレミアムクロークで対応

また、保管サービス以外のサービスについてもまとめてみました。

リネットの場合、プレミアム会員であれば毛玉取りを行ってくれますが、通常会員だと対応してもらえませんし、ボタン修理やほつれ直しのサービスにも対応していません。

araou編集部

オプションについてはリナビスの方がきめ細やかに対応してくれる印象がありますね。

リナビスとリネットの特徴をおさらい

リナビスとリネットの特徴をおさらいしておきましょう。

技術に定評あり!創業60年の老舗リナビス

リナビスは創業60年と歴史がある老舗クリーニング店です。

40年以上クリーニングに関わる熟練の職人が多数在籍しており、職人の目で最適な洗い方を判断して作業してくれるため、その技術と品質には定評があります。

また、依頼がなくても染み抜きや毛玉取り、ボタン修理など気になる点を修理してくれるサービスも人気が高いです。

業界最大手!スマホアプリでも簡単に注文できるリネット

宅配クリーニングの業界最大手のリネットは、スマホアプリで簡単に注文できる使いやすいシステムには定評があります。

プレミアム会員に登録すると、最短2日後にクリーニングのお届けが可能になるなどワンランク上のサービスが受けられます。

リナビスとリネットは目的に応じた使い分けを

リナビスとリネットについて比較してきました。

どちらも良い宅配クリーニングサービスですが、2社の特徴が異なるため、目的に応じた使い分けをしていきましょう。

季節物の衣類を保管込みで任せたいならリナビス

リナビスはクリーニング点数ごとのコース料金で、かつ最大12か月の保管も無料です。

1着のクリーニング代が高い冬物のコートやダウン、スキーウェアのようなものを保管こみで任せたいならリナビスの利用がおすすめです。

スピードと使い勝手を重視するならリネット

リネットは、クリーニング種類ごとの料金体系になっており、こまめにクリーニングをしたいスーツやワイシャツを任せるのに向いています。プレミアム会員なら2日で戻ってくるので使い勝手がとても良いです。

但し、送料が無料になる金額以上を依頼しないと、送料の分値段がだいぶ高くなってしまうので注意が必要です。