リナビスで頼める「ぬいぐるみクリーニング」2つのコースの違いとは?

cleaning_bear

araou編集部

見ていて癒されるぬいぐるみ。子供のころからずっとそばにいる思い出あるぬいぐるみを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ぬいぐるみいは手垢や汗などがたくさん付着していて、ダニや雑菌の温床になっていることも。

自宅で洗ってあげたくても、洗濯機に入れるのも抵抗がありますし、手洗いするのも難しいです。

リナビスなら通常のコースでぬいぐるみのクリーニングが可能ですし、ぬいぐるみがしゃべりだすぬいぐるみコースもあります。

今回は、大切なぬいぐるみをリナビスに出す時の概要や注意点についてまとめてみました。

ぬいぐるみは自宅で洗濯できる?

ぬいぐるみは、素材によっては自宅で洗うことも可能です。

手洗いでも洗濯機でも洗えますが、それぞれメリットデメリットがあります。

手洗いの方法

手洗いで洗濯する場合は、手間がかかりますが、型崩れしにくく、洗濯機よりも安心して洗えます。

    1. 附属品をはずし、軽くブラッシングして汚れを取る
    2. 容器にぬるま湯と洗剤を入れ
    3. 押し洗いする
    4. 3回以上水を変えてすすぐ
    5. 洗濯機で10秒ほど脱水する
    6. 風通しのよい場所で陰干しする

手洗いで洗う場合も、脱水は大変なので洗濯機を使います。しかし、ぬいぐるみが痛んでしまうのでかける時間は10秒ほどで十分です。

洗濯機で洗う方法

手洗いで選択するのが面倒だな・・と思う人は洗濯機で洗うこともできます。ただし、手洗いに比べるとぬいぐるみが傷んでしまうリスクが大きいので慎重に行いましょう。

    1. 附属品をはずし、軽くブラッシングして汚れを取る
    2. ぬいぐるみを洗濯ネットに入れる
    3. ドライコースやオシャレ着コースで洗濯をする
    4. 脱水前に一度取り出し、タオルにつつむ
    5. 脱水に10秒ほどかける
    6. 風通しのよい場所で陰干しする

手洗いの場合同様、脱水は10秒程度で出すようにしましょう。

自宅での洗濯が難しい場合はクリーニングに頼む手も!

手洗いと洗濯機と2種類の方法でのぬいぐるみの洗い方をご紹介しました。

洗濯機で洗うとぬいぐるみが壊れてしまいそうで怖いと思う人は、手洗いがおすすめです。

ただし、手洗いの場合でも脱水時には洗濯機を使用するため、脱水時間を間違えてしまうとぬいぐるみが破損してしまうことも・・。

また、大きすぎるぬいぐるみやデリケートなアンティーク調のものの場合は自宅で洗うこと自体が難しいです。

araou編集部

自宅でぬいぐるみの洗濯は可能ですが、いろいろと手間がかかるため、面倒だなと思う人はクリーニング業者にお願いするという手もありますよ。

リナビスではぬいぐるみのクリーニングも可能

宅配クリーニングのリナビスは、ぬいぐるみのクリーニングが可能です。

リナビスでは、通常コースの中の1点として出す方法と、ぬいぐるみ専門クリーニングのぬいぐるみコースの2種類から選べます

通常コースでのぬいぐるみのクリーニング方法

リナビスの衣類コースには、クリーニング可能な取扱品にぬいぐるみも含まれています。

大きさ90㎝までとサイズの制限はありますが、よほど大きいぬいぐるみでなければクリーニング可能。

衣類コースでは、

  • 抗菌
  • しわ予防
  • 柔軟
  • 毛玉防止
  • 静電気防止

この5つの加工が標準でついています。

ぬいぐるみコースでも同様の加工を施しているため、衣類20点コースであれば1体1,089円(税込)でぬいぐるみのクリーニングをお願いできますよ

ぬいぐるみがしゃべる?リナビスのぬいぐるみコースとは?

リナビスには、ぬいぐるみに特化したぬいぐるみコースもあります。

先ほどご紹介したぬいぐるみのクリーニングとの違いは、クリーニング後にぬいぐるみがおしゃべりできるようになって返ってくる点です。

とはいえ、ぬいぐるみ自体がしゃべりだすのではありません。

「ペチャット」という専用のアプリを操作することでぬいぐるみを通しておしゃべりすることが可能になるボタン型スピーカーを使います。

ぬいぐるみコースでは、このクリーニング後にペチャットが同梱されて返ってくるのです。綺麗になったぬいぐるみがおしゃべりするようになるので、子供にとても喜ばれるサービスです。

ペチャット自体は定価4,990円(税込)ですので、ぬいぐるみのクリーニング料金は実質1,000円程度ということになりますね。

araou編集部

衣類3点コースや5点コースに出すなら、ぬいぐるみコースに預ける方がお得です。

他社でのぬいぐるみのクリーニング料金は?

リナビスの他にもぬいぐるみをクリーニングできるお店があるので、それぞれの料金をまとめてみました。

クリーニング店 大きさ 価格(税込)
リナビス 90㎝まで 1,089円~(衣類20点コース)
90㎝まで 6,600円(ぬいぐるみコース)
白洋舎(集配サービス) 30㎝まで 1,320円~
アットデア 30㎝未満 1,650円~
30㎝以上10㎝ごと +990円~
120㎝以上10㎝ごと +1,320円~
クリコム 30cm未満 3,960円~
90㎝未満 11,220円~
140㎝未満 17,270円~

 

他社と比べてみると、リナビスの場合ぬいぐるみのクリーニングがだいぶお得にお願いできることがわかりますね。

ぬいぐるみを長持ちさせるためのお手入れ方法について

せっかくクリーニングしてキレイにしたぬいぐるみ。定期的に自宅でお手入れをしていけば、キレイな状態を保つことができます。

こまめにブラッシングをする

毛足が長いぬいぐるみは毛玉が付きやすいので、こまめにブラッシングをしてお手入れしましょう。毛並みも整うので見た目もとてもキレイになります。

天日干しをする

部屋の中にぬいぐるみをずっと置いておくと湿気がたまってダニが潜んでしまうこともあります。定期的に乾燥いた天気の良い日に外に出して天日干しをしてあげましょう。

洗濯ばさみで干してしまうと、後がついてしまうので、平干しネットを使うとよいでしょう。

天日干し後に掃除機をかけてあげれば、ぬいぐるみの中に残ったダニのふんや死骸を除去できます。

薄めた洗剤でたたき拭きする

ぬいぐるみが全体的に薄汚れていると感じている人は、おしゃれ着用洗剤などの中性洗剤を薄めてたたき拭きしましょう。

中性洗剤を薄めて、柔らかい布やタオルに浸してかたく絞ります。かたく絞った布でぬいぐるみ全体をポンポンと叩くようにして拭き、最後にきれいな水ですすいだ布で2~3回拭いてあげ、乾くまで日陰で干します。

araou編集部

最後に柔軟剤を浸した布でたたき拭きしてあげるとふわっと仕上がりますよ。

まとめ

ぬいぐるみは、癒されますが、ずっと一緒にいると汚れてくたびれていってしあいます。

ぬいぐるみを長持ちさせるためにも、汚れが気になってきたらこまめにクリーニングに出すようにしましょう。

リナビスの宅配クリーニングなら、技術面はもちろん、価格面でも安心して預けることができますよ。

ぜひ、ご自宅のぬいぐるみたちも早めにクリーニングしてリフレッシュさせてあげてくださいね。