『洗濯マグちゃん』が大人気の理由は驚きの効果にあり!?口コミでも大絶賛

C_182,洗濯マグちゃん

明日可

テレビでも紹介された『大人気の洗濯マグちゃん』は、洗剤を使わずに洗濯物の汚れや臭いを落とすことができるアイテムです。そもそも『洗たくマグちゃん』とはなにか、またどのような仕組みなのか、使い方も合わせて詳しくご紹介します。

洗たくマグちゃんってなに?

洗たくマグちゃんとは

・カラーバリエーション:ブルー/ピンク

洗濯マグちゃんは、部屋干しの嫌な臭いをすっきり解消してくれる新発想の洗濯用品です。高純度のマグネシウム99.9%を使い、水素とアルカリイオン水を生成することで、臭いの原因となるカビや汚れを綺麗に落とます。

洗濯マグちゃんの仕組み

洗濯マグちゃんは、洗濯物をマグネシウムで洗ってくれます。

  1. 一般の水道水の中にマグネシウムを入れます。
  2. マグネシウムが水と反応することで水素の気泡が発生し、アルカリイオン水を生成します。
  3. 生成されたアルカリイオン水は、洗濯物についている油脂分を分解し、石鹸化します。界面活性効果により、高い洗浄能力で汚れを落としてくれます。
界面活性効果とは
本来混ざり合うことない物質同士が結合しやすくする作用のことです。水や油など、混ざり合わない物質が混ざり合い、汚れを落としてくれます。

洗たくマグちゃんの効果

皮質汚れの分解

洗濯マグちゃんには、洗濯物についた脂質汚れを分解する力が30%あります。これは、市販の洗濯用洗剤と同様であり、洗剤と併用することでさらに汚れを落とすことができます。

臭い成分の分解

洗濯マグちゃんを使用した臭い成分の分解率は、市販の洗濯用洗剤よりも強いです。汗まみれのユニフォームなどなかなか落ちない臭いも、洗濯マグちゃんですっきり落とすことができます。

洗濯槽や排水ホースも綺麗になる

洗濯マグちゃんは、洗濯物を綺麗にするだけでなく、洗濯槽や排水ホースの汚れを落とすことも可能です。アルカリイオン水が、洗浄中、すすぎ中、脱水中も最後まで汚れを落としてくれます。

節約につながる

水野洗浄力が上がるため、普段使用している洗剤の量を減らすことができます。また洗濯槽を綺麗にする洗濯槽クリーナーも必要ありませんし、それにかかる水道代も減らすことができます。

洗たくマグちゃんの使い方

洗濯マグちゃんは、洗濯物と一緒に洗濯機の中に入れて通常通り洗うだけです。洗濯だけでなく、すすぎ、脱水も入れっぱなしで問題ありません。

全自動式、ドラム式、2槽式洗濯機に使用することができます。洗剤と併用する場合には、洗濯マグちゃん1個に対し、洗剤は通常の半分使用するようにしてください。

洗濯物の量による洗たくマグちゃんの個数(洗剤不使用の場合)

洗濯物が約5kg 洗濯マグちゃん2個
洗濯物が約7kg 洗濯マグちゃん3個
洗濯物が約9kg 洗濯マグちゃん4個

洗たくマグちゃんの口コミ

洗濯物が多く洗剤を多量に使ってましたが、洗濯マグちゃんのおかげで、地球にもやさしく身体にもやさしく、洗濯機もきれいにしてくれるとは、すぐれものです!みんなに教えてあげたいです!

・引用元:Amazon/ぷくぷくさん

一人暮らしの洗濯で使用しています。部屋干し派ですが、部屋干し用の洗剤よりも、乾いたときの臭いがしないです。今年の買い物のベスト3に入るかも。

・引用元:Amazon/Amazonユーザーさん

最初は洗えているのか不安でしたが、よく洗えてます。洗い上がりの匂いは、少し海っぽいような感じ?がしましたが、乾いたら消えました。私は柔軟剤と併用してます。

マグちゃんを使い始めて一ヶ月くらいしてから、洗濯槽自身も掃除されるとは聞いてましたが、本当にそのようで、洗濯槽にこびりついているゴミが落ちてきました。(衣類についてしまいますが、はたけば落ちます!!)これに1番驚きました!すごいです!!

・引用元:Amazon/Amazonカスタマーさん

この商品を使うことによって、洗濯物の生乾きと考えていた臭いは、洗濯槽のカビ臭である事が、分かった。小さい子供もおり、洗濯物は沢山あるが、ほとんど洗剤を使わずに洗う事ができて、大変重宝しています。

・引用元:Amazon/濱本輝文さん

洗たくマグちゃんを使用するときの注意点

乾燥機の使用はできる?

洗濯マグちゃんを使用して洗濯するとき、「そのまま乾燥機を使っても良いのか?」という疑問もありますよね。

結論から言いますと、洗濯マグちゃんを乾燥機で使用するのは避けたほうが良いでしょう。洗濯マグちゃんの中身であるマグネシウムは、乾燥機の熱に対して耐熱性があります。

しかし、その側の布製のカバーが、乾燥機の熱や回転しこすれることによって縫い目がほつれ、マグネシウムが出てしまうことがあります。なるべく、脱水後は天日干しや室内干しを行い、乾燥機の使用は避けてください。ましょう。

漂白剤は一緒に入れても大丈夫?

洗濯マグちゃんを使用するとき、過酸化ナトリウムの酸素系漂白剤は一緒に使用しても問題ありません。しかし、塩素系漂白剤の使用は避けましょう。

使用後は乾燥させよう

洗濯マグちゃんを使用した後は、洗濯物と一緒に洗濯マグちゃんも天日干しをするなどしっかり乾かすようにしてください。

洗濯マグちゃんの取り換え時期

洗濯マグちゃんの使用期限は約1年です。重さが変わったり外観が変わることがないので、取り換え時期の目安が分からないかもしれません。取り換えは1年を目安に行うようにし、忘れないようにメモしておくと良いでしょう。

洗たくマグちゃん以外にもある!マグちゃんシリーズ

ランドリーマグちゃん

他のマグちゃんに比べ、内容量が100gと多いのがランドリーマグちゃんです。洗濯時にも洗剤と併用する必要がなく、汚れをしっかり落とすことができます。

ベビーマグちゃん

・カラー:ピンク、イエロー、ブルー

赤ちゃんの肌への洗剤が気になる方、肌が敏感な方におすすめのベビーマグちゃんです。洗濯マグちゃんと中身はまったく同じですが、内容量と形が違います。

洗濯マグちゃんは50g入りの丸型ですが、ベビーマグちゃんは70gのテトラタイプです。そのため、洗剤を併用しなくてもしっかりと汚れを落とすことができます。

洗たくマグちゃんで洗剤を使わず洗濯しよう

洗剤を使わずに洗濯物の汚れや臭いが落ちるなんて、とても画期的な商品ですよね。特に小さいお子様がいる家庭や肌の弱い方にとっては、一度は試してみたい洗濯マグちゃんです。

洗濯物と一緒に入れるだけなので、手間もかかりませんし、一度購入すると1年間は使用できるので経済的です。また、洗濯物の汚れが落ちるだけでなく、洗濯槽や排水ホースもきれいにしてくれるのでおすすめです。ぜひ一度使ってみてくださいね。

・画像提供:PR TIMES

公式サイトはコチラ