【11月より発売】パナソニックのななめドラム洗濯乾燥機Cuble(キューブル)に新機能が加わりバージョンアップ!

ななめドラムCUBLE

ななめドラム洗濯乾燥機Cuble(キューブル)に新機能が加わり登場

パナソニックから11月1日より発売される、サニタリー空間に調和するキュービックフォルム『cuble』は、新ヒーターユニット搭載し、さらに乾燥容量5キロを実現しました。

Cuble(キューブル)とは?

cubleは温水泡洗浄Wや液体洗剤・柔軟剤自動投入など高い機能性を兼ね備えています。。また、キュービックフォルムやライトフェイスなど高いデザイン性も評価されています。

新登場のcubleの特徴

ななめドラムCUBLE

新ヒーターユニット搭載

cubleは従来ヒーター能力が400Wですが、今回600Wまであげたヒーターユニットが搭載されました。ヒーターの熱のもとである半導体素子配列を見直し、1.5倍のヒーター能力を実現したことにより、従来より約5℃高くなった温度とプラス約15℃の低温風で、衣類を優しく乾燥させます。この結果、洗濯から乾燥時間は195分と従来と変わらないまま、乾燥容量が3キロから5キロにアップしました。

温水泡洗浄コースの拡充

女性なら何着も持っているおしゃれ着は、できるだけ大切に洗いたいですよね。そんなおしゃれ着を痛みを抑えながら、皮脂汚れを落とし黄ばみを予防してくれる「約40℃おしゃれ着コース」が搭載されました。さらに衣類や目的にあわせた温水洗浄が可能になりました。cubleでおしゃれ着を優しく丁寧に洗濯しましょう。

すすぎの性能アップ

すすぎの回数と時間を増やしてたっぷりの水を使う「パワフル滝すすぎコース」を搭載しました。「おまかせコース」の約2倍のすすぎ性能が実現し、しっかり洗いたい寝具や子供服に対応します。

Cuble(キューブル)で毎日欠かせない洗濯を楽にしよう!

今回cubleにいくつかの新たな機能が加わったことにより、従来に比べ効率よく洗濯ができるようになりました。洗濯機の買い換えを考えている方、ぜひcubleにしてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはコチラ

画像提供: PRTIMES