おしゃれ着用洗剤と普通の洗剤の違いは?特長や使い分け方・洗い方をご紹介

「おしゃれ着用洗剤」と「普通の洗剤」の違いは?特徴や洗い方のポイントを解説

araou編集部

ドラッグストアに行くと、ずらりと様々な洗剤が並んでいますが「おしゃれ着用洗剤」と「普通の洗剤」って何が違うんだろうと感じたことはありませんか?今回は、「おしゃれ着用洗剤」と「普通の洗剤」それぞれの特長や洗うときのポイントについてお伝えします。

2020年最新の柔軟剤をランキング比較!おすすめのいい匂い・人気の香り50選 【2020年】洗濯洗剤の汚れ・ニオイ落ちランキングおすすめ43選

目次

「おしゃれ着用洗剤」「普通の洗剤」の違いについて

それでは最初に、「おしゃれ着用洗剤」と「普通の洗剤」のそれぞれの違いや特長についてご説明します。違いを理解して利用すると、これまで以上に快適に洗濯できますよ。

おしゃれ着洗い用洗剤の特長

おしゃれ着洗剤

おしゃれ着洗い用洗剤は、デリケートな衣類を洗うための洗剤なので、「衣類をやさしく」洗い上げるように作られています。具体的にどのような特長があるのか見ていきましょう。

液性は衣類へのダメージを抑えるため「中性」のものが多い

普通の洗剤は洗浄力を高めるため、弱アルカリ性で作られているものも多いです。洗浄力が高いことは嬉しいことではありますが、デリケートな衣類の場合は生地が傷んでしまう恐れがあります。

MEMO
おしゃれ着用洗剤は中性のものがほとんどです。中性洗剤は弱アルカリ性と比較するとやや洗浄力は劣るものの、やさしく衣類を洗い上げます。

毛や絹といったデリケートな素材に用いられる

おしゃれ着用洗剤が用いられるのは、毛や絹、繊細でデリケートなおしゃれ着です。大切な衣類は、できるだけ長く楽しみたいですよね。衣類を長持ちさせるためには、素材に合わせて洗剤を使い分けることが大切です

MEMO
また、色落ちを防ぎたいデニムや浴衣への使用もおすすめです。

柔軟剤を使用しなくても、肌触りなめらかに仕上がる

普通の洗剤を使用して洗濯をする場合、肌触りを良くするために柔軟剤を使っている方は多いのではないでしょうか?おしゃれ着用洗剤は、シリコンなど繊維の表面をコーティングし、毛羽立ちを防ぎなめらかにする成分が入っていることが多いです。

そのため、おしゃれ着用洗剤を使うときは、柔軟剤を使用しなくても肌触り良く仕上がります。柔軟剤が入っているものも多いので、特に柔軟剤は必要ありません。

様々な香りのものが販売されているので、好みの香りで選んでみるのも楽しいですね。

普通の洗剤の特長

洗濯洗剤 液体タイプ

毎日の洗濯に使用する普通の洗剤は、衣類の汚れをスッキリ落としキレイに洗い上げるために作られています。

液性は中性より洗浄力が高い「弱アルカリ性」が多い

毎日の洗濯に使われる普通の洗剤は、洗浄力を高めるため「弱アルカリ性」のものが多いです。アルカリ性に近づくほど汚れを分解する力は強まり、高い洗浄力を発揮します

MEMO
普通の洗剤には「衣類の繊維の奥の方の汚れまでスッキリ!」「洗濯物を輝く白さに」といった働きをする成分が多く配合され、汚れや臭いに徹底的にアプローチしキレイに洗い上げます。

綿・麻・化学繊維などの素材に用いられる

普通の洗剤は、洗浄力が高く汚れや臭いを落とすことに優れていて、綿・麻・化学繊維などの衣類に使われます。洗剤の形状は粉状、液体、固形、ジェルタイプと様々です。

衣類を白くする効果がある、蛍光剤が配合されたものも多い

普通の洗剤の成分を見ていると多くの洗剤で使用されている成分のひとつに「蛍光剤」があります。蛍光剤はその名前の通り「白地のものをより白く見せる」ために使われる成分です。

MEMO
特に白い衣類は洗っているうちに色がくすんでくることが多いですが、蛍光剤の入っている洗剤を使用するとくすみを防ぎ白さを保つことができます。

おしゃれ着洗い用洗剤で洗う衣類の見分け方

ハンガーにかけられた洋服

おしゃれ着用洗剤を使用した方が良いか否かは、簡単に見分けることができます。確認のするときは、衣類のタグについている「洗濯表示(絵表示)」を確認しましょう

MEMO
普通の洗剤が使える衣類には「洗濯機で洗える」マークが、デリケート用洗剤を使用した方が良い衣類には「手洗い」のマークが付いています。

「家庭での洗濯禁止マーク」がある場合はクリーニングに出す

洗濯するとき注意してほしいのが、桶にバツ印がついた衣類です。これは「水洗い不可」「家庭での洗濯禁止」のマークなので、家庭では洗わずクリーニング店に出してキレイにしてもらいましょう。

おしゃれ着を洗うときのポイント5つ

デリケートなおしゃれ着を上手に洗濯するには、いくつかポイントがあります。ぜひ確認してみてくださいね。

1.表示タグをチェックする

洗濯表示

先ほどもお伝えしたとおり、洗濯をする前に必ず衣類に付いている表示タグをチェックしましょう。洗濯をするときは、衣類の素材やタイプに適した方法で手入れをするのが、良い状態をキープするための秘訣です

2.おしゃれ着用洗剤を使用する

おしゃれ着洗剤と普通の洗剤

おしゃれ着を洗うときは、必ずおしゃれ着専用の洗剤を使用してください。普通の洗剤で洗ってしまうと、デリケートな素材でできた衣類を傷めてしまう恐れがあります。

最近は様々な香りのおしゃれ着専用洗剤が出ているので、好きな香りで選んでみるのも良いですね。

3.色落ちチェックをする

色落ちした服

おしゃれ着を洗う前に、色物や柄物など色落ちしやすい衣類は必ず色落ちしないか確認しましょう。チェックのやり方は、これから洗う衣類におしゃれ着用洗剤を直接付けて、白い布で軽く叩きます。

MEMO
布に色が付いていなければ、ほかの衣類と一緒に洗濯OKです。

4.汚れがひどい場合は事前に処理する

染みのついたシャツ

食べこぼしや汗じみなどが付いている場合は、洗濯前に予洗いをしてキレイにしておきましょう。汚れの気になる部分におしゃれ着用洗剤を直接付けて、汚れを浮かせてからぽんぽんと軽く叩くたたいて洗えばOKです。

5.洗剤は規定の量を守る

タオルと洗剤

どの洗剤でもいえることですが、おしゃれ着用洗剤も各メーカーの定めた規定使用量を守ることが大切です

注意
洗剤を多めに入れたからといって、洗浄力が上がることはありません。むしろきちんとすすぎきれず、衣類やお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

おしゃれ着用洗剤を使用する際、柔軟剤は使った方が良い?

おしゃれ着用洗剤で洗う場合、特に柔軟剤の使用は必要ありません。繊維をコーティングし、なめらかにする成分が入っていることが多いので肌触りなめらかに仕上げてくれます。

MEMO
静電気を抑えたい、もっとふんわりさせたいという方は柔軟剤をプラスしてみるのも良いですね。

漂白剤は使える?

おしゃれ着にも漂白剤の使用は可能です。ただし、ポリエステルや毛(ウール)など素材に適した漂白剤を選ばないと生地を傷めてしまいますので注意が必要です。

漂白できるか否かは、衣類の洗濯表示マーク、漂白剤パッケージの裏面に記載がありますので、両方のチェックを忘れず行いましょう。

注意
漂白剤の種類には、主に酸素系、塩素系の2種類があります。塩素系は強すぎて衣類を傷めてしまう恐れもありますし、色柄ものには使用不可です。おしゃれ着に使用するなら、酸素系の漂白剤をチョイスしてください。

おしゃれ着を洗濯機で洗濯する方法

洗濯機と観葉植物

ここでは、おしゃれ着を洗濯する方法をご説明します。おしゃれ着の洗い方がいまいちよくわからないという方はぜひ、一度こちらを確認してみてくださいね。

洗濯ネットに入れる

おしゃれ着は素材や作りがデリケートなので、生地を傷めないよう必ず洗濯ネットを使用しましょう。洗濯ネットは洗濯槽の中での摩擦を軽減したり、水流から衣類を守りダメージを防いでくれます。

洗濯ネットに衣類を入れるときは、畳んでから入れると形が洗濯中ずっとキープされ、形崩れを防止します。

注意
ただし、洗濯ネットはどれでも良いということではなく衣類の大きさに合ったものを使うようにしてくださいね。

「ドライ・手洗い・おしゃれ着コース」に設定する

洗濯機でおしゃれ着を洗う際は、「ドライコース」か「手洗いコース」、もしくは「おしゃれ着コース」に設定しましょう。標準コースだと水流が強すぎて、デリケートなおしゃれ着の洗濯には適しません。

MEMO
ドライコース、手洗いコース、おしゃれ着コースは水流も穏やかで、水に接している時間が短く設定されているので、傷みやすいおしゃれ着をやさしく洗い上げてくれます。

おしゃれ着を手洗いする方法(押し洗い)

洋服 手洗い

おしゃれ着のダメージを最小限に抑えたい場合は、手洗いがおすすめです。ここでは、おしゃれ着用洗剤を使用した、手洗いでのお洗濯方法をご紹介します。

桶に衣類が浸かるくらい水を溜め洗浄液を作る

衣類が手洗いできることを確認したら、洗濯桶や洗面器、バケツを用意します。そこにぬるま湯(40度程度)か水を張りましょう。

MEMO
エリ・ソデなど汚れがひどい場合は、先に桶の中で汚れている部分を揉むようにして洗っておくとキレイに洗えますよ。

汚れた部分を外側にして畳んだ衣類を入れる

事前にボタンやファスナーは全て閉め、外せる装飾品も外しておきましょう。そして、汚れを落としやすいように、汚れた部分を外側にして衣類を洗浄液の入った洗濯桶の中に入れます。

押したり、持ち上げたりして衣類をやさしく洗う(20回~30回ほど)

手洗いはいくつか方法がありますが、基本となるのは衣類を上から押して洗う「押し洗い」です。

畳んだ衣類を洗浄液の中に入れたら、押したり持ち上げたりを繰り返してやさしく洗います。これを20回から30回ほど繰り返しましょう。

4.泡がなくなるまで、水を入れ替え3を繰り返す

再び桶に水を張りすすぎ水を作ります。そして、3と同じ要領ですすぎを行います。水を入れ替え、泡がなくなるまですすぎましょう。

洗濯機で約30秒脱水する

最後に洗濯機で30秒ほど脱水にかければ手洗いは終了です。

洗濯機に洗濯物を入れている

おしゃれ着の洗濯に適した洗濯グッズ7選

市販のおしゃれ着用洗剤のおすすめを7つご紹介します。

【花王】エマール

  • Amazon参考価格:219円(税込)
 
おしゃれ着用洗剤の代表ともいえるエマールは、独自のカタチコントロール洗浄で衣類の伸び・ヨレを整えシワも防ぎながら洗うので安心です。

汚れや臭いもきちんと落としてくれるの?という心配も不要で、洗浄成分が繊維の奥まで浸透し、汚れの元からすっきり落としてくれますよ!

香りはリフレッシュグリーンと、アロマティックブーケの2種類です。

【ライオン】アクロン

  • Amazon参考価格:194円(税込)
 
アクロンは独自のキレイ修復洗浄配合で、洗いながら衣類の伸び・ヨレダメージをケアし整えてくれるので、繰り返し洗っても新品のようなキレイな状態をキープできますよ。

また、アクロンはすすぎ1回でOKなので、衣類のダメージを防げうえ、節水・節電にも役立ちます。香りは華やかなフローラルブーケと清潔感のあるナチュラルソープの2タイプです。

【P&G】ボールド 香りのおしゃれ着洗剤

  • Amazon参考価格:216円(税込)
 
気持ちが明るくはずむ「ベリー&フラワーの香り」のおしゃれ着用洗剤です。香りが良いだけでなく、「形崩れ防止」「洗濯によるしわの防止」「ふんわり柔らか仕上げ」といった機能も備えており、自宅でお気に入りのおしゃれ着を楽しくお洗濯できます。

【エコベール】ゼロ デリケートウォッシュ

  • Amazon参考価格:1,052円(税込)
 
人と地球にやさしい植物由来の洗浄剤ブランド・エコベールから出ている無香料・無着色の0シリーズのおしゃれ着用洗剤です。

ウールやシルクなどデリケートな衣類を自然に還るナチュラルな成分で洗い上げます。肌テスト済みで敏感肌の人でも安心して使用できます。香りがないので、強い香りが苦手な人にもおすすめです!

【UYTON】洗濯ネット ランドリーネット 8枚入

  • Amazon参考価格:1,180円(税込)
 
ヨーロッパのテキストスタイル規格で作られた生地を使用した洗濯ネットです。耐久性も高く洗濯のときの水流や摩擦から衣類を守ります

洗濯中に衣類をダメージさせないよう、保護カバーにジッパーを引っ張って衣類をこすらないように工夫されています。様々なサイズのネットが8枚と、衣類の絡まりを防ぐ洗濯ボールも2つ付いているのでお得です。

【YOKELLMUX】洗濯ネット ランドリーネット 3枚入れ

  • Amazon参考価格:800円(税込)
 
服の汚れ落ちを良くする細かなメッシュデザインの3枚入りの洗濯用ネットです。角が丸みを帯びているので、洗濯の際の残留物がネットの中に残るのを防ぎます。ファスナーはさびにくく、なめらかで信頼性のあるものを使用しています。

【Athvcht】物干しネット 3段

  • Amazon参考価格:1,299円(税込)
 
柔らかい素材でできたおしゃれ着は、ハンガーにかけて干すと形崩れを起こすこともあるので、そのまま干せる物干しネットの利用がおすすめです。ワイドな作りで3段になっているので、洗濯物をたくさん干せますよ。

大切なおしゃれ着は専用の洗剤で洗って長持ちさせましょう!

衣類を洗濯するときは、素材によって「普通の洗剤」「おしゃれ着用洗剤」を使い分けることが大切です。デリケートな素材でできたおしゃれ着を洗う際は、必ずおしゃれぎ用洗剤を使用しましょう。

そして、洗濯機を使う場合、手洗いをする場合もそれぞれ適した方法で洗濯してキレイな状態を長く楽しみましょう。